ロロ・ピアーナで仕立てるオーダースーツの特徴と着こなし

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ロロ・ピアーナで仕立てるオーダースーツの特徴と着こなし

ロロ・ピアーナで仕立てるオーダースーツの特徴と着こなし

イタリアを代表する服地メーカーとして人気の高いロロ・ピアーナ(Loro Piana)は、最高級の原料を作って仕立てる最高級の製品が特徴です。

オーダースーツを作りたいと考えている方のために、どのような特徴を持ったブランドなのか、どう着こなせば良いのかについてご紹介しましょう。

ロロ・ピアーナは1924年に創業し、当時はカシミヤとウールの生地メーカーとしてスタートしました。100年近い歴史があるため、その中で培った様々なノウハウを用いて高品質な商品を開発しています。
ルイヴィトングループの傘下に入ってから更に知名度が上がり、多くのファンから選ばれているブランドです。

希少性の高い素材を使用

世界で一番細いとも言われている繊維「ビキューナ」を使用した生地も取り扱っているのが大きな特徴です。高級感と肌触りの良さが魅力なのですが、1頭からとれる量が非常に少なく、希少性の高い素材でもあります。
柔らかい肌触りであることから長時間着ていても疲れにくく、気品を感じさせる生地の質感はオーダースーツでも高い評価を受けているのが魅力です。

また、ビキューナを繊維から製品に至るまですべて自社で一貫して行う「SPA」という方法で仕上げているのも特徴だと言えます。

ロロ・ピアーナのおすすめスーツの着こなし方

生地によって特徴が異なるので、着こなしを考える際には生地もあわせて検討するのがおすすめです。代表的な生地とおすすめの着こなしについてご紹介します。

サマー・タスマニアンのネイビーストライプ

タスマニア島に生息するメリノ羊からとれる、非常に細いウールを使って作られた生地で、吸湿性の高さが特徴です。そのため、一年を通して快適に過ごせます。
夏向けの生地であるサマー・タスマニアンはとても軽量で、美しいドレープが魅力的です。

例えば、夏に人気のネイビーストライプを着こなす時のポイントとして、柄物はスーツ・シャツ・ネクタイのうち2つまでに抑えることをおすすめします。スーツがストライプなら、シャツ、またはネクタイはどちらか片方のみ柄物を取り入れてみましょう。

ウィンター・タスマニアンで高級感のある着こなし

ウィンター・タスマニアンは冬の定番商品であり、生地の厚みが特徴的です。ぬめりと光沢感もあります。ビジネスシーンでも活用できるあまり目立ちすぎないチェック柄も好評です。自然なチェック柄となっているので、無地のスーツと同じような着こなしでしっかり高級感を出すことができます。

オールシーズン向けフォーシーズンズ

艶感と軽さが特長であり、オールシーズン活躍する素材でオーダースーツを作りたい方にぴったりです。落ち着いた色合いで、定番であるダークカラーは特に高い人気があります。
ダークカラーの着こなしでは小物類なども暗めの色でまとめましょう。靴とベルトをブラウンにすると重たくなるのを防ぐことができます。

最高級の生地でオーダースーツ

生地からこだわったスーツを仕立てたいと考えている方にもロロ・ピアーナがおすすめです。カシミヤとウールは最高級品を取り扱っているので、肌触りはもちろんのこと、艶感やドレープの美しさなども見逃せません。これまでに長い歴史のあるブランドでもあるので、信頼できるブランドから検討したいと考えている方もチェックしてみてはいかがでしょうか。