スーツの衣替えはいつがいい?タイミングとお手入れ方法を解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツの衣替えはいつがいい?タイミングとお手入れ方法を解説

スーツの衣替えはいつがいい?タイミングとお手入れ方法を解説

スーツは一年を通して着用でき、ビジネスマンの仕事着として利用されていますが、オールシーズン用以外は夏用(春夏用)と冬用(秋冬用)で衣替えを行うのが基本です。 ここでは、スーツの衣替えタイミングについて、時期やシーズンごとに持っておきたい枚数を解説します。

 

 

スーツの衣替えのタイミングはいつ?

スーツの衣替えのタイミングについて詳しく確認していきましょう。

 

 

春夏用:3月から5月

冬ものから春夏用スーツに替えるタイミングとしては、雪が溶けて暖かくなってくる3月から、夏へと移行する直前の5月までが目安です。 東北地方や北日本のように4月まで寒さが続く場所でも、徐々に暖かくなり汗をかいてくる4月から5月にかけてのタイミングで、春夏用スーツに替えるのが定番となっています。

 

 

秋冬用:9月から11月

秋冬用は暑い夏から涼しい秋へと移行する9月ごろ~冬本番となる12月までに衣替えをするのが定番です。 ※地域によっては10月でもまだ暑さを感じることがあるため、気候によってスーツを使い分けたり、春夏用スーツの中にベストやカーディガンを着たりする場合もあります。

 

 

その他の時期

夏を除いた「スリーシーズンスーツ」は夏以外の季節すべてに着回しができるため、暑くなってきたタイミングで衣替えを行います。 オールシーズン対応スーツは夏を含むすべての時期に着回しが可能で、衣替えをせずに着用できます。

 

 

季節で違うスーツの種類と持っておきたい着数

春夏用スーツは生地が薄く、通気性にすぐれており厚ぼったさがないため、涼しく過ごすことができます。 秋冬用は基本的に外気を通さない保温性があり、1着でも外出できるように設計されています。 春夏用・秋冬用それぞれについて、3枚程度を用意しておくと安心ですが、オールシーズン用を1着持っておくと安心感があります。 また、オールシーズン用スーツを5枚と夏用スーツを2枚持つといった方法なら、頻繁に衣替えをする必要がないため楽に着回しができます。

 

 

スーツの衣替えを行う際の手入れと管理方法

スーツの衣替えを行う際、シワやシミがつかないように風通しの良い場所に保管するようにしましょう。 反対に、次のシーズンのために取り出したスーツは着用日の数日前からハンガーにかけて日陰の風通しの良い場所に吊るしシワを伸ばして、細かいゴミなどを取り除いておきましょう。

 

衣替えの目安を知ろう

オールシーズン用以外は必ず衣替えがあるので、季節ごとにタイミングをみて、早めに準備しておきましょう。 それぞれの季節ごとに十分な枚数を用意しておくと、安心して衣替えを迎えることができます。