スーツは誰にでも似合う!コツを理解して胸を張って着こなそう

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツは誰にでも似合う!コツを理解して胸を張って着こなそう

スーツは誰にでも似合う!コツを理解して胸を張って着こなそう

本来スーツは誰にでも似合う! !のにもかかわらず、間違った選び方をして似合わなくしてしまっている方も少なくありません。しかし胸を張って着こなそうにも何がポイントかを理解していないといけません。胸を張って着こなそうとするにはスーツの基本的なルールを知っておく必要があります。間違いを正すことによってスーツは誰にでも似合う! !ということが分かるはずです。

スーツの流行は数年で消える

スーツを選ぶときに流行に合わせたい気持ちはグッとこらえるべきです。百年以上の長い時間をかけてつくられた文化に従っての選択が望ましく、ビジネスマンならなおのことです。スーツの流行は数年で消えていき、流行が過ぎると周囲から浮いてしまいます。そのときにはベストの選択をしたと思ったものの、ただ流行に合わせただけの選択となるかもしれません。

スーツは誰にでも似合う! !であるものの、そのときだけオシャレに見えるものを選択した場合はその限りではありません。胸を張って着こなそうとした場合、流行は一過性のものを認識してビジネスシーンに適した汎用性の高いものを選択するのが望ましいです。

バブルの時代には大きな肩パッドの入ったジャケットとダボっとして裾が絞ってあるパンツが流行となったものの、数年で流行は消えていきました。胸を張って着こなそうとする以上、基本に忠実な選択をしていくことが重要です。

姿勢を正すと印象が変わる

スーツは誰にでも似合う! !のに、だらしない印象を与えてしまうのは猫背であるのが原因の場合も少なくありません。姿勢を正すだけで印象は変わり、胸を張って着こなそうという目的に沿っています。ビジネスマンにとって相手に好印象を抱かれることはビジネスを左右する重要なポイントです。姿勢が悪いだけでマイナスな印象を持たれてしまう可能性があります。

スーツは誰にでも似合う! !のにもかかわらず、正しい姿勢でないことが似合わなくしてしまっているかもしれません。胸を張って着こなそうとするには姿勢を正すことも考えないといけません。高い集中力を発揮して視野を広くするためにも姿勢を正すことは大きな意味があります。

周囲から浮いてしまわないようにコーディネートする

ビジネスマンがスーツを着用するにあたって周囲から浮いてしまわないようにするのは基本中の基本です。スーツは誰にでも似合う!ものであっても、周囲から浮いてしまうコーディネートをすると悪目立ちしてしまいます。ビジネスマンは会社の服装の規定に沿いながら、社外の人間と会う場合においても問題のないコーディネートをすべきです。

個性が際立ちすぎるコーディネートはビジネスシーンでは適していません。スーツはその場のルールに合わせて着用するもので、個性的な着こなしやワイルドな着崩しはすべきではありません。ジャストフィットするサイズを選択し、ビジネスシーンで定番の色と柄のアイテムを組み合わせることで相手にちゃんとスーツを着こなしていると思われます。間違った方向で胸を張って着こなそうとせず、相手からどう映るのかを考えてのコーディネートをしましょう。

まとめ

スーツは誰にでも似合う!のに流行に左右されたり猫背になっていたりすると相手に悪印象を抱かれてしまうかもしれません。さらに周囲から浮いてしまうコーディネートとなっていないかについても注意すべきです。胸を張って着こなそうとする気持ちが空回りしてしまうことも少なくありません。ビジネスマンは相手から好印象を抱かれる服装を心がけるべきで、自分の好みを最優先に考えるべきではありません。その場に適した服装であるかを常に考え、相手からどう映るかを意識していきましょう。