カジュアルにジャケットパンツを着こなすコーディネート術

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > カジュアルにジャケットパンツを着こなすコーディネート術

カジュアルにジャケットパンツを着こなすコーディネート術

テーラードジャケットとパンツの組み合わせのジャケットパンツはビジネスマンにも浸透し、カジュアルに着こなすことができます。ビジネスシーンにも適しているジャケットパンツのコーディネートにはいくつかのポイントがあります。何がNGであるかを知ることも大切で、失敗しないために基本を覚えていきましょう。

ジャストサイズをベースに好みに合わせてサイズ選び

ジャケットパンツをカジュアルに着こなすためにまずジャストサイズベースとし、好みに合わせてサイズ選びをしましょう。テーラードジャケットは肩のつけ根とジャケットの縫い目が合うか、袖丈が手首にピッタリ収まるかが要注目です。

パンツは丈が長すぎるとだらしない印象に映ってしまうため、まっすぐ立った時に裾が床に触れそうな長さにしましょう。そして細身のシルエットのものを選ぶことですっきりおしゃれな仕上がりになります。

ジャケットパンツのコーディネートの基本

ジャケットパンツをカジュアルに着こなすために、テーラードジャケットとパンツで違い色を合わせるようにしましょう。同系色でまとめるとジャケットパンツならではの特色が出ません。メリハリのある組み合わせを意識しましょう。しかし柄と柄の組み合わせはしてはいけません。柄のテーラードジャケットを選択した場合、パンツは無地を組み合わせるべきです。柄と柄の組み合わせはビジネスシーンでの服装として派手過ぎます。

さらに季節感のある素材を選択するのも大切です。暑い時期にはツイードやリネンと薄手で吸湿性に優れた素材、寒い時期にはウールやツイードなどの保温効果のあるアイテムを選択することで着心地もよくなります。ベルトとシューズの色を揃えることも忘れてはいけません。統一感を大切にするのならブラックを選ぶのが無難です。

テーラードジャケットは2つボタンか3つボタンで汎用性の高い無地を選択するのが基本です。シャツはホワイトかライトブルーを選択して清潔感を感じられる仕上がりを狙いましょう。ニットを取り入れる場合も同様に白、ベージュ、ネイビーとビジネスシーンで定番の色を選択しましょう。

ビジネスシーン向け定番のコーディネート

ネイビージャケットにカジュアルパンツを合わせるとリラックス感のあるカジュアルスタイルに仕上がります。暑い季節には見た目に涼しい色を取り入れるのがおすすめです。グレーやベージュのジャケットにブルーのパンツを組み合わせると清涼感を感じられる仕上がりになります。ライトグレーのジャケットにベージュのパンツを組み合わせると品がありつつもこなれた雰囲気を演出できます。

ビジネスシーンに適した定番のコーディネートは迷ったらまず採用と心得ておきましょう。どうしても慣れるまでカジュアルにジャケットパンツを着こなすコーディネートは難しいと感じるものです。シンプルでありながら独自のスタイルを確立させることもできます。

自由に個性を出せるものの、組み合わせに問題がないかを考えてしまう方もいるでしょう。まずはシンプルな組み合わせを楽しみ、慣れてから独自のスタイルを確立させるのがおすすめです。

まとめ

ビジネスシーンに適したジャケットパンツのコーディネートはジャストサイズで基本に忠実に組み合わせることが大切です。プライベートでは好みに合わせても問題ないもののビジネスシーンでは相手からどういった印象に映るかも考えないといけません。どう組み合わせるべきか分からない場合は定番のコーディネートを参考にしましょう。大成功のコーディネートよりもまず失敗しないコーディネートを意識すべきです。テーラードジャケットとパンツのみならず、シャツやネクタイといった小物で統一感を図っていきましょう。