できるビジネスマンが熟知するカッコいいスーツの着こなしを解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > できるビジネスマンが熟知するカッコいいスーツの着こなしを解説

できるビジネスマンが熟知するカッコいいスーツの着こなしを解説

誰が見てもビシッとカッコいいスーツの着こなしをしているビジネスマンは特別なことをしているわけではありません。スーツをカッコよく着用するための必要なポイントを覚えていきましょう。正しいスーツの着こなしこそできるビジネスマンの象徴といっても過言ではありません。できるビジネスマンが自然と実践するカッコいいスーツの着こなし術を解説していきます。

ジャストサイズのスーツを着用する

カッコいいスーツの着こなしで最も重要なのがジャストサイズのスーツを着用することです。ジャケットは肩山と肩のトップの位置が合い、着丈がヒップに隠れる長さにしましょう。無理して細いものを選ぶことで窮屈な印象に映ってしまいます。また、ジャケットは第一ボタンのみ留めて座るときはすべてのボタンを外しましょう。スーツのポケットに物を多く入れて型崩れしないようにするのも大切です。

パンツの丈は靴の甲に裾が触れる長さに設定しましょう。短い丈はビジネスシーンではカジュアルな印象に映ります。センタープレスがあることでしっかりした印象を与えることができます。センタープレスが消えてしまった場合はクリーニングで対応してくれます。

清潔感を感じられる色と柄を選択

ビジネスマンにとって相手に清潔感を与えるスーツ姿であるのは必須といっても過言ではありません。ジャストサイズのスーツを着用したとしても、色と柄選びを間違ってしまうとカッコいいスーツの着こなしとはならないものです。ビジネスシーンでは色は白や水色を選択するのが無難です。柄は無地のものを選択しましょう。

ネクタイもスタイリッシュに見せるためにディンプルを作るようにしましょう。革靴の種類はストレートチップやプレーントゥが無難な選択です。革靴の色は黒や青が定番となります。ビジネスマンとしての品格を表すのが足元です。カジュアルにならない革靴を選択しましょう。

ビジネスマンがスーツを選ぶための3過剰

ビジネスマンがスーツを選ぶにあたってまずジャストサイズのスーツであるのが重要です。既製スーツでジャストサイズが実現しないのなら、オーダースーツを作ることを考えた方がよいでしょう。色や柄も自分の理想通りにすることができます。選択すべき生地は長期的に着用できるベーシックなものがよいでしょう。ビジネスマンは仕事のときに毎日スーツを着用し、消耗度が高いです。耐久性に優れた生地を選択すれば何度も買い替えることが少なくなります。

そして基本に忠実なスーツスタイルであるかが重要です。カッコいいスーツの着こなしをしているビジネスマンを見れば分かる通り、奇抜なスーツを選択してはいません。サイズ感がピッタリでTPOを考慮した色や柄
を選択しています。特別な高価なスーツでなくともカッコいいスーツの着こなしはできると思って問題ありません。基本に忠実なスーツマナーを守るだけでカッコいいスーツの着こなしにつながっていきます。

今現在のスーツスタイルに問題があると思うのなら今一度見直してみてはいかがでしょうか。解説した通りの選択をするだけ見ているだけ気が引き締まる新しいスーツスタイルが実現します。

まとめ

できるビジネスマンが自然と実践するカッコいいスーツの着こなしをするには、特別な要素を盛り込む必要がないのを解説しました。多くのビジネスマンが間違ったスーツスタイルを形成しています。基本に忠実でスーツマナーを守るだけで相手にカッコいいと思われるスーツスタイルが実現します。今現在のスーツスタイルに問題があるのなら今一度見直し、自分の価値を高めるスーツスタイルにモデルチェンジしていきましょう。解説した通りに合わせるだけ大きく仕上がりに違いがあるのが分かるはずです。