上質な「いいスーツ」と毎日着回す「普通のスーツ」の違いとは?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 上質な「いいスーツ」と毎日着回す「普通のスーツ」の違いとは?

上質な「いいスーツ」と毎日着回す「普通のスーツ」の違いとは?

スーツにはビジネススーツや礼服、就職活動用のリクルートスーツなどさまざまな種類があります。 それぞれ形が大きく変わるものではないので、高品質なスーツと呼ばれるものはなかなか見分けがつかないかもしれません。 ここでは、上質なスーツと一般的なスーツの違いや見分け方について、ポイントごとに紹介します。

 

 

いいスーツと普通のスーツの違いはどこにある?

周囲から見て上質なスーツと呼ばれるものは、一般的なスーツと何が違うのでしょうか。

 

 

品質

スーツの価格を分ける大きな理由として、品質が挙げられます。1着ずつ原材料(素材)・縫製・デザインにこだわって作られているため、大量生産されるスーツとは価格も品質も対照的です。

 

 

価格

上質なスーツは素材・ブランド・縫製など細かい部分までこだわって作られており、価格面にも違いが現れます。 普通のスーツが数千円から2,3万円程度で購入できるのに対し、上質なスーツは5万円から100万円以上のものまで揃っています。

 

 

シルエットや着心地

スーツは着用する人の見栄えも考慮して作られるため、高品質なスーツほどシルエットやスタイルにこだわっています。 通気性の良い素材や保温性の高い生地などが使われているスーツも、機能性を高めている点で普通のスーツより高品質になります。

 

 

いいスーツを見分けるポイント

品質の高いスーツを見分けるには、以下のようなポイントが挙げられます。 生地の縫製が行き届いている 着用する人の体型に合っている 一流ブランドやメーカーの品物 体の線に沿って仕立てられている 襟の裏側に縫い目や継ぎ目がない ブランドの刻印やラベルはもちろん、縫製や仕立てが行き届いていると「いいスーツ」と一目で判断できます。 スーツ全体を見たとき、着用者の体型に完璧に沿っているものや、スーツとして立体的かつ曲線を考えて仕上げられているものは、時間をかけて丁寧に作られていることがわかります。

 

1着はいいスーツを用意しておくのもおすすめ

品質の良いスーツは仕事着でありながら自分に自信をつけてくれるアイテムです。 低価格な既製品は着回しがきく普段着として着用し、高級品はオシャレに着こなしたい時の勝負服として1着用意しておくのがおすすめです。予算が限られている場合でも、数万円からオーダーできるものもあります。ぜひ予算の中で自分に合う1着を探してみてください。