オーダースーツは、足長効果を出すための調節が可能な服装です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツは、足長効果を出すための調節が可能な服装

オーダースーツで足長効果を実感するには

既製品のスーツでは、服に体を合わすために、どうしてもサイズが合う場所を基準に選んでしまいます。例えば、肩幅の広い人が選んだ既製服はスーツの上下に余裕がありすぎ、スラックスも横に広めとなり足短に見えてしまいます。その点、オーダースーツは、体にフィットしたサイズとなるのでスラックスも足長効果が期待できます。

オーダースーツは足長効果を持っています

仕立てが良いオーダースーツは、自然と足長効果を提供してくれます。というのも、オーダースーツは体にフィットしているので体型以上に太く見えることはなく、その人の体型を自然に表現することでだぶつきが無く、その人の足に最もよいシルエットを与えてくれることと、スラックスからジャケットまで連続的な無駄のないシルエットが足長効果を引き立たせてくれます。

スーツを着ても足が短く見える

スーツはもともと足長効果がある衣服なのですが、それでも足が短く見えてしまう人は以下のような原因があると考えられます。

・スーツ自体がフィットしていない
フィットしていないとシルエットダボっとしてしまい、どうしてもスタイリッシュに魅せることができません。

・上下の統一感がない
通常スーツは上下同じような生地で作られているので上下の境目がわかりづらくなっています。そのため足が長く見えるという仕組みになっているのですが、ジャケットとスラックスの質感が合ってなく、柄も違っていると境目がはっきりして足長効果は見込めません。

・縦のラインが強調されていない
シルエットや柄、形などが縦ラインに強調されていないと足長効果につながりません。
ボーダーや白などの膨張色は使わないようにしましょう。

スラックスの股上サイズがポイント

最近のスラックスの傾向として股上の短いものが流行っています。これは足長効果と逆になってしまいます。太ったお腹の出ている人はより短いシルエットになってしまうからです。逆に女性の間には、股上サイズをあげることによって足長効果を追求し、女性の場合はヒールとタイツの色を合わせることでより足長効果を狙っています。男性も同様に股上の深いスラックスを履くことで足長効果が期待できます。

足長効果を出すスーツの選び方

実際にスーツを選ぶときにはどのようなことに気を付けて選べばよいのでしょうか。見ていきましょう。

スーツの色

ジャケットとスラックスの連続性があるスーツでは、もともと足長効果が得られるのですが、色を黒に近いグレーや濃いネイビーなどにすると、体の上半身と下半身との境目があいまいとなるため更なる足長効果が見込めます。
逆に白など明るい色に関しては足を短く見られてしまうので注意が必要です。

スラックスの丈

オーダースーツで足長効果を目指す場合のスラックスの丈のポイントは、ワンクッションです。ワンクッションとはスラックスの裾が少したわむくらいの丈で、すっきりした足元が足長効果を演出します。

スラックスの膝幅

スラックスを細く見せるのには膝から下の幅を細くするのが足長効果を出すポイントです。 遠近感を出すことによってより効果が出ます。

ネクタイの先の位置をあいまいにする

通常ネクタイの先はベルトにかかる程度がちょうど良いとされていますが、足長効果を求めるならネクタイの先を隠してしまうのがベストです。 ジャケットなどで隠してしまえば股の位置があいまいになり、自然と足長効果をもたらしてくれます。

ヒールの高い靴を選ぶ

かかと部分が少し高くなっている程度ならあまり気づかれることもなく、足の短い人も長く見せることができます。 また、女性ではハイウエストでパンツなどを履く習慣が流行していますが、男性の場合も同じです。しっかりとウエストで固定をしてきちんと履くことを心がけましょう。

オーダースーツは足長効果が簡単に手に入れることができます

オーダースーツは、足長効果を求める場合には最適です。そのため足を長く見せるには仕立ての良いスーツを着ることが最善の方法なのです。体型に合ったフィット感で着ている人の全体のバランスが良いこと、暗い目の色柄を選ぶことでジャケットからスラックスまでの連続性が上半身と下半身との境目を合間にしてくれること、スラックスの膝幅を細くすることで足長効果を見込めること、などです。