国産の高級スーツの特徴と仕立てる際のポイント

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 国産の高級スーツの特徴と仕立てる際のポイント

国産の高級スーツの特徴と仕立てる際のポイント

男性用スーツのブランドにはイタリアやイギリスなどの老舗が有名ですが、国産の高級スーツブランドも品質の良さに定評があります。 

ここでは、海外のスーツと比較したときの国産スーツの特徴を踏まえ、魅力や仕立て方のポイントについて紹介します。 

 

国産の高級スーツの特徴

海外のスーツと比較したときの、日本の高級スーツの魅力を紹介します。 

 

柔軟な発想で作られている

国産の高級スーツは、かっちりとした英国スタイルや軽快な印象のイタリアンスタイルの長所をあわせもったデザインが豊富。 

スーツ文化ではない日本ならではの柔軟性が活かされており、幅広いニーズに対応できるメリットがあります。 

 

上質な生地と丁寧な縫製の組み合わせ

高級スーツの生地はイタリア産・イギリス産・国産にそれぞれ分けられます。 

国産の生地は上質な素材を活かして丁寧な染めや織りを施しており、高い技術を駆使して縫製を行っているため、耐久性や機能性にすぐれています。 

もちろん見た目の美しさや高級感も兼ね備えておる、海外の高級ブランドスーツに引けを取らない仕上がりとなっています。 

 

国産の高級スーツを仕立てる際のポイント

国産の高級スーツを仕立てる際のポイントを解説していきます。 

 

用途に応じて作る

オーダースーツは生地から選んで採寸を行いますが、生地の用途に応じて生地を選ぶことが大切です。 

毎日のように着倒す場合はシワがつきにくく伸縮性にすぐれているウールか、熱に強いナイロン・ポリエステルなどの素材を選ぶと良いでしょう。 

冠婚葬祭フォーマルとして着用するスーツ上質で光沢感のあるウール素材がおすすめですが、ビジネス用と冠婚葬祭用は色味が異なるため、分けてオーダーするようにしましょう。 

 

希望を聞いてくれるお店を利用する

オーダースーツは1点ものですから、正しく希望をヒアリングして丁寧に採寸をしてくれるお店を利用しましょう。 

生地や縫製がどれほど良くても、お店によっては自分の期待していたデザインや色味にならない場合もあります。 

「ビジネス用で、安っぽく見えないスーツがほしい」「地味になりすぎない高級感のある1着がほしい」といったオーダーを受けて、ニーズに合う提案やアドバイスをしてくれるお店が理想です。 

国産スーツは価格・品質面で優秀

オーダースーツの特徴は、生地(素材)からブランドを指定し、自分に合った1着が手に入れられることです。
自分にしか着られない1着を作るので、ニーズを満たすような提案ができるお店で仕立ててもらうようにしましょう。
国産のスーツは品質が良く、海外製品に比べて豊富なデザインが揃っているという長所もあります。
海外製に比べてリーズナブルに仕立てられることも特徴のひとつ。ぜひ価格と品質が揃った国産のスーツを検討してみてはいかがでしょうか。