高いスーツの見分け方!良質な生地の特徴も押さえる

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高いスーツの見分け方!良質な生地の特徴も押さえる

高いスーツの見分け方!良質な生地の特徴も押さえる

一般的に「高いスーツ」と呼ばれるものは、一流ブランドが手掛けたものや高級な素材を使ったものが多く揃っています。 ここでは、高いとされるスーツの見分け方のポイントと生地の特徴について紹介します。ぜひスーツ選びの参考にしてください。

 

高いスーツの見分け方

高いスーツはどのように見分ければ良いのでしょうか。ポイントごとに詳しくみていきましょう。

 

型崩れしにくい仕立て

上質なスーツは長持ちするように仕立てられており、スーツの生地を内側から支える「芯地」が重要な役割を果たしています。 表の生地と芯地が離れた総毛芯仕立(フルキャンバス)がもっともコスト・手間のかかる方法であり、高級スーツに欠かせない仕立て方法となっています。

 

適度な光沢感がある

高級スーツには良質な素材が使われており、シルク(絹)やカシミヤなどは適度な光沢感が出ます。 表面がツルツルとしたスーツは肌触りが良く、安いスーツにはない着心地の良さがあります。

 

ブランドロゴ・模様の有無

ブランドものや一流メーカーのスーツは、ボタン部分にロゴがあしらわれていたりブランドならではの模様が裏地にプリントされていたりと、特有のデザインがみられます。

 

 

高いスーツの生地の特徴

高くて良いスーツを見分ける時に押さえておきたい、良質な生地の特徴について確認していきましょう。

 

100%の天然繊維が使われている

高級スーツのなかには、安価なポリエステル生地を避けてウールやシルクといった天然繊維のみで作られたものがあります。 風合い、光沢感、見栄えが良く天然の繊維ならではの着心地の良さもメリットとなっています。

 

糸の原毛はランク付けされている

スーツに使われる毛(原毛)はランク付けされており、国際羊毛機構が定めた「SUPER○‘s」がひとつの指標として見ることが可能。 たとえば「SUPER130‘s」という表示であれば、1gの原毛から130mの繊維が作り出せるという意味になり、数値が高いものほど耐久性は落ちるものの高級感のある仕上がりになります。

 

SUPER○‘sには80から250までがあり、いわゆる一般的なスーツの原毛はSUPER100’s程度がスタンダード。少し高級なスーツは120や130以上が目安です。 一例として、イタリアの最高級ブランド「ロロ・ピアーナ」のコレクション「ゼニス」では、SUPER200‘sの原毛が使われています。

高級でこだわりのある1着を選ぼう

高級な生地は原材料から品質にこだわっており、原毛にも数値でのランク付けがされています。

さまざまな方法で上質な製品であることを見抜くことができるので、目に見える部分だけを高級な仕様にしているスーツではなく、正しい工程で製造されている1着を選びましょう。