好印象が続くネクタイのディンプルの作り方を徹底解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 好印象が続くネクタイのディンプルの作り方を徹底解説

好印象が続くネクタイのディンプルの作り方を徹底解説

美しく崩れにくいディンプルを作ることは、ビジネスシーンのみならず結婚式やパーティーでも重要です。華やかな仕上がりとなって相手に清潔感や頼りがいのある印象を与えます。ビジネスマンは特に相手に好印象を与えることが大切です。今一度、ネクタイのディンプルの作り方を学んで今までのイメージを変えていきましょう。

時間が経っても崩れないディンプルの作り方とは

せっかく美しいバランスのディンプルを作ったとしても時間が経つと徐々に緩んでしまい、その都度作り直すのは手間がかかるものです。長時間スーツ姿のビジネスマンにとって頭を悩ませる問題になります。時間が経っても崩れないディンプルの作り方を覚えていきましょう。

まず小剣を谷折りにして折り目を崩さずに大剣を巻いていきましょう。小剣のくぼみが外の正面を向くようにし、折り目をキープすることを意識しつつ大剣を巻いていくと余分なシワが入らなくなります。さらに小剣を引っ張るときはノットを一気に上げてシワができないようにしましょう。

そしてノットの上下から指を入れて根本から形を作っていきます。大剣を引っ張るとノットが締まって形を整えることができて、小剣を引っ張ると長さの調整ができます。適切な形と長さにすべく微調整をしていきましょう。

ディンプルの位置は絶対に中心で作らないといけないわけではなく、少しずらしても問題ありません。ネクタイの結び目は高い位置からくぼみを開始し、土台を作るイメージを大切にしましょう。

ディンプルを作りやすいネクタイの種類と結び方

相手に好印象を与えるディンプルの作り方の基本を熟知するとともに、ディンプルを作りやすいネクタイの種類と結び方も学んでいきましょう。まず芯地が入っているネクタイを選択した方がディンプルの作りやすく、芯地が入っていないのならボリュームのあるセッテピエゲや幅のあるニットタイを選択しましょう。相手に好印象を与えたいビジネスマンは特に適したネクタイの種類を選択するのが大切です。

そしてネクタイのディンプルを作るのに適した結び方はプレーンノットです。まだディンプルを作るのに慣れていないのならプレーンノットで慣れていきましょう。オシャレを演出するためにはできるだけ高級なネクタイを使用した方が相手に好印象を与えられるのも忘れてはいけません。

ネクタイが与える印象はビジネスシーンで重要

相手に好印象を与えるネクタイのディンプルの作り方はそれほど難しくはありません。ビジネスマンはネクタイ選びや着こなしは常にチェックされていると考えるべきです。全体の印象がガラリと変わり、だらしない印象を与えることはなくなります。

ビジネスマンは今日からでも胸元を華やかにし、メリハリのある印象を相手に与えることを意識すべきです。単なるオシャレと考えず、相手に好印象を与える効果があるからこそ時間を作って練習していきましょう。自分を着飾るひとつのテクニックとして覚えておいて損はありません。第一印象がその後のビジネスに影響を与えるビジネスマンは大人の男性として自分の価値を高めていきましょう。

まとめ

相手に好印象を与えるネクタイのディンプルの作り方はそれほど難しくはありません。適した種類のネクタイと結び方を選択して徐々に慣れていくのが大切です。慣れてきたら時間が経っても崩れなくなっていき、その都度結び直す手間もかからなくなります。ビジネスマンは特に第一印象の良し悪しがその後のビジネスにも影響があるからこそこの機会に覚えていきましょう。多くのビジネスマンがスーツには拘っていてもネクタイの形には無頓着です。周囲との差別化を図る意味においても正しいディンプルの作り方を覚えるのは効果的です。