コスパの優れたスーツを求めるのなら量販店?オーダースーツ?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > コスパの優れたスーツを求めるのなら量販店?オーダースーツ?

コスパの優れたスーツを求めるのなら量販店?オーダースーツ?

ビジネスマンは仕事のときに毎日スーツを着用し、複数着で着回しもしないといけません。購入するのならコスパの良し悪しを考えて当たり前です。問題となるのは量販店の既製品かオーダースーツかの選択です。どちらを選択した方がコスパがよいかがはっきりすれば、迷うこともなくなるでしょう。安物買いの銭失いとならないように、正しい選択ができるポイントについて詳しく解説していきます。

コスパのよいスーツの特徴

コスパのよいスーツの条件は大きく2つあります。まずリーズナブルな価格ながらも高品質であることです。ウールの配合率が60%以上であると柔らかい着心地と滑らかな肌触りが実現します。ウールとポリエステルが50%の比率だと硬い着心地となり、摩擦や圧力でテカリも出やすくなってしまいます。シワになると取りづらいのもビジネスマンにとって頭を悩ませる問題になるでしょう。

そして着脱時の着心地のよさにつながるキュプラが裏地に使われているかにも注目しましょう。キャプラなら肌触りのよさを実感できて滑らかな着脱感を得られます。吸湿性に欠けて硬い着心地になるポリエステルの裏地は長期的に着用していくにあたって選択すべきではありません。量販店の既製品でもオーダースーツでもコスパがよくなる2つの条件を満たしているのかに注目しましょう。

定番の色柄と強撚糸で作られたのかに注目

ビジネスマンがスーツを選ぶとなると汎用性の高い色柄であるかが重要です。特定の場面でしか着用できないものはコスパが悪くなります。色はネイビー、チャコールグレー、ブラックなどを選択するのがよいでしょう。柄は無地、ピンストライプ、シャドーストライプなどが定番です。ビジネスシーンでは個性的な色柄よりも定番の色柄を選択した方がよく、悪目立ちしてしまうのはNGです。

通常よりも強度の高い糸の強撚糸で作られたスーツはシワになりにくく、滑らかな肌触りになります。さらに繊維の毛羽立ちも少なく、長期的に着用するのに必要な要素を持ち合わせています。

オーダーした方がコスパがよい理由

量販店の既製品は標準体型の方を基準に作られており、おおよそのサイズ感は合っているにしても肩幅広かったり腕が長かったりといった身体的特徴に細かく対応できません。余計な負荷がかかってしまうことでダメージを受けやすくなり、その結果何度も買い替えることになりかねません。オーダーすれば個人の体型に合わせられて、生地もデザインも自由に選択できます。防シワ加工やウォッシャブルといったビジネスマンに嬉しい機能を持ち合わせている生地を選択するのも難しくありません。

一般的にオーダーすると高額で予算オーバーとなると認識される方も多いものの、2万円台から選択できる専門店も少なくありません。すぐにスーツを手にしたい場合は量販店に分があるものの、コスパ重視だとオーダーした方がよいでしょう。量販店の既製品よりもジャストフィットして自分の拘りを活かしての生地やデザインも選択できます。さらにボタンを変えたりクールビス仕立てにしたりオプションを加えてより見栄えをよくすることもできます。

まとめ

スーツを何着も着回すビジネスマンは経済的な負担が少なく、長期的に着用していけるものを選択するのが重要です。コスパがよい条件を満たしているかに注目し、価格が高くなっても長期的に考えるようにしましょう。そして量販店の既製品よりもオーダーした方が経済的な負担が少なくなると覚えておきましょう。何度も買い替えることを少なくし、1着を長期的に着用していくためにはオーダーするのが最良の選択となります。量販店の既製品と変わらない価格でオーダーすることもできます。