スーツがキマラない理由は何?要注目の2つの対処法とは

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツがキマラない理由は何?要注目の2つの対処法とは

スーツがキマラない理由は何?要注目の2つの対処法とは

ビジネスマンは相手に最初に与えた印象が悪いと払拭するのは難しく、仕事の評価も悪くなってしまうことも少なくありません。ビシッとスーツを着こなす姿が第一印象をよくするひとつの要因です。スーツがキマらないと思っている方はまずは何が理由であるかを明確にするのが肝心です。そして、2つの対処法を駆使してさらに自分の価値を高めてはみてはいかがでしょうか。

スーツがキマラない理由は大きく2つ

スーツがキマラない理由は身体のサイズに合っていない、あるいは落ち着きのある色と柄になってしまっているといった2点であることが大半です。身体のサイズを合わせるためには余計なシワが出ない状態を作ることが肝心です。自身の肩幅に対してジャケットの肩幅が大きいと、背中や袖山に縦シワが入ってしまいます。逆に小さすぎると背中や袖山に横ジワが入ってしまいます。ジャストサイズであれば余計なシワが出ることはありません。

また、胸囲にも注意が必要です。自身の胸囲に対してジャケットが小さすぎるとX字状のシワが出て、大きすぎると大きな縦ジワが出ることがあります。肩の位置とジャケットの方の位置が前後にブレている場合も、シワができてしまいます。前方にも後方にもシワができない状態を目指しましょう。シャツの袖丈のバランスを整える際は、手首のくるぶしにあたる部分を軽く隠せるかどうかに注目しましょう。

落ち着きのある色と柄になってしまっていることでキマラない理由となる場合もあります。あえてネイビーだけで固める方法もあればネイビーとグレーの両方を揃える方法もあります。色と柄を選択するのは少々面倒ですが、いつも変わらず同じ印象にならないように、ちょっとした工夫を凝らしてみましょう。パターン数を多くする対処法は基本中の基本となります。

シンプルなシャツを選択すべき理由とは

スーツがキマラない理由は実は着用するシャツにあるかもしれません。シャツを見直してみるのも、ひとつの対処法となります。量販店のシャツによく見られるデザインであるのが襟裏や袖裏に柄が入っているものです。シャツに柄がないとオシャレではない、と考えるのは大きな間違いといえます。ボタンやボタンホールの色に関しても同様に、オシャレを主張するシャツはビジネスシーンでは避けるのが基本です。

プライベートシーンならまだしも、ビジネスシーンではTPOに合わせた服装するのが大切です。柄なしの白か柄なしのサックスブルーのシャツを選択すれば、シャツが原因でスーツがキマラないという事態は避けられます。

シルエットが崩れない所作を心がける

スーツを着用する際、自身の所作にまで気を配っているでしょうか。スーツのサイズや色・柄に問題がなくても、所作によってシルエットが崩れてしまうことがあります。ビジネスマンとして所作に気を配るのはビシッとスーツを着こなすうえで重要です。ジャケットを羽織るときには襟が首にピッタリ合うように、両手にそれぞれ左右の襟を持って下におろしていきましょう。これにより、余計な隙間が生まれることがなくなります。

そして、パンツをウエストまで引っ張って上げる動作も避けるようにしましょう。丈が合わなくなってしまい、シルエットが崩れてしまう原因となります。

まとめ

スーツがキマラない理由は主にサイズと色や柄です。購入する段階で問題ないかを考慮した方がよいでしょう。ビジネスシーンで相手に好印象を与えるために特別な要素は必要ありません。自分のサイズに適したものを選択し、色と柄を合わせるのが基本です。そして、シャツで特別なオシャレ感を演出することは避け、所作でシルエットが崩れてしまわなないように心がけましょう。信頼される魅力的なビジネスマンになるための第一歩とするために、今日からでも対応していきましょう。