できるビジネスマンなら知っているクールビズスタイルのマナー

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > できるビジネスマンなら知っているクールビズスタイルのマナー

できるビジネスマンなら知っているクールビズスタイルのマナー

クールビズスタイルは暑い季節を涼しく乗り切るためのファッションです。しかしただネクタイを外せばよいというわけではありません。顧客や取引先に不快感を与えないようにするのがクールビズスタイルのマナーです。できるビジネスマンはビジネスシーンのドレスコードを守りながら快適に過ごせるようにコーディネートしています。ビジネスマンなら知っておきたいクールビズスタイルのマナーについて覚えていきましょう。

臨機応変にネクタイやジャケットを着用する

ノーネクタイやノージャケットをクールビズスタイルの基本としている方もいるものの、ビジネスシーンでは臨機応変にネクタイやジャケットを着用しましょう。出先で冷房が効きすぎている場合は、ネクタイやジャケットしているかによって身体を冷やす心配は少なくなります。また、外部の方と会うときにクールビズスタイルではあか抜けない印象を与えてしまうかもしれません。着こなしによる差が大きく出てしまうのも懸念事項です。シャツやポロシャツがジャストフィットしていないとだらしない印象を映ります。

急に大事な会議や食事会に出席しないといけなくなる可能性もないわけではありません。TPOをわきまえてそのシーンに適した服装をするのがビジネスマンにとっての当たり前です。もしもの場合に備えてネクタイやジャケットが手元にあった方がよいでしょう。快適に過ごせるかよりも、相手に不快感を与える着こなしをしないことを重視すべきです。

シャツの胸元から下着が見えないようにし、襟が崩れないシャツを選択するといった基本を留意するのがクールビズスタイルのマナーです。清涼感を感じられる色を選択するのも重要です。ホワイト、薄いブルー、ミントグリーンなどを選択しましょう。

選択すべき素材について

クールビズスタイルで着目すべきはどの素材を選択するかです。生地選びによって着心地も清涼感も変わっていきます。吸湿性や通気性に優れているコットンと吸水性と速乾性が優れているリネンを主軸に選択するのがよいでしょう。営業職のビジネスマンをはじめとした動きやすさを重視する場合にはジャージーがピッタリです。シワになりにくく、吸水性や速乾性にも優れています。ナイロンはシワになりにくいため、持ち運び用に便利です。

ジャケットとパンツのみならずネクタイも同様に夏らしさを演出するためにこれらの素材を選択しましょう。色や柄も涼やかなものを選択するのが望ましく、暑苦しさを感じさせないようにしましょう。

きちんと感を演出するのに適したシャツとは

ビジネスシーンでクールビズスタイルをする以上、覚えておかないといけないのはネクタイを着用することを前提としたシャツは襟が寝てしまうことです。きちんと感を演出するのに適したシャツはボタンダウンシャツ、ホリゾンタルシャツ、クレリックシャツです。共通しているネクタイを締めずとも襟がしっかり立つ作りでだらしない印象を与えることはありません。

ポロシャツは職場によってはOKであっても、清潔感のない印象を与えてしまう可能性が高いです。カジュアル感が強すぎると判断されることもあるため、選択しても問題ないか事前に確認が必要です。

まとめ

できるビジネスマンはクールビズスタイルのマナーを守るのを当たり前としています。自分の快適さを優先するのではなく、その場に適したビジネススタイルを形成するのがポイントとなります。自社内はもちろん、外部の方にだらしない印象を与えることは絶対に避けないといけません。暑い季節に適したアイテムを用意するとともに、臨機応変に対応するためにネクタイやジャケットをいつでも着用できるようにした方がよいでしょう。