高級スーツ生地ブランドの素材の特徴を解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高級スーツ生地ブランドの素材の特徴を解説

高級スーツ生地ブランドの素材の特徴を解説

高級スーツの品質や印象に大きな影響を与えているのが生地であり素材です。同じデザインのスーツであっても、生地や素材が異なれば全く異なる品質・印象になってしまいます。高級スーツが使用している生地や素材には、どのような特徴があるのでしょうか。高級生地ブランドを例にとって、その特徴を解説いたします。

 

 

人気高級スーツの生地素材の特徴

高級スーツに用いられている生地ブランドとして以下のものが挙げられます。 ・エルメネジルド・ゼニア ・ロロ・ピアーナ それぞれの生地・素材の特徴を紹介します。

 

 

エルメネジルド・ゼニアの特徴

1910年に北イタリアで誕生した生地ブランドです。最大の特徴は、オーストラリアに羊毛農場を保有しており、自社工場で生地を生産していること。高品質な生地は、アルマーニやトムフォード、エルメスなど、名だたるハイブランドへ提供されています。高品質な生地を生産できる理由は、自社基準に合致した羊毛の肩と脇だけを使用しているから。脂を適度に含んだ羊毛を用いることで、独特の艶がある生地を生み出しています。生地にハリ・コシがある点も特徴として挙げられます。これらを生み出しているのは、クリンプ(ちぢれ)を含む糸です。高級スーツにふさわしい生地ブランドといえるでしょう。

 

 

ロロ・ピアーナの特徴

1936年にイタリアのクロアーナで誕生した生地ブランドです。最大の特徴は、原毛の調達から製品化まで自社で一貫生産していることです(SPA)。現在では、他社から糸を購入する生地メーカーが主流なので、この点が品質の違いを生み出しているポイントといえるかもしれません。また、高品質なカシミア、カシミアよりもさらに繊維が細かいベビーカシミアを用いた生地でも知られています。生地の特徴は、他の生地ブランドとは比べ物にならないほど手触りが柔らかくなめらかであること。この特徴から女性的な生地と表現されることもあります。

 

 

高級スーツの生地の選び方

高級スーツを仕立てるときは、生地をどのように選べばよいのでしょうか。生地選びのポイントを紹介します。

 

 

素材は天然繊維が基本

高級スーツを仕立てるときは、ウール100%など天然繊維の生地を選びましょう。確かに、化学繊維を用いた生地は機能的ですが、風合いや質感で劣ります。チープな印象になってしまう恐れがあるので、高級スーツにはあまり適していません。

 

 

毛番手にこだわる

高級スーツに用いられる生地には、SUPER○○(毛番手・○○は数字)表示があることが一般的です。SUPER○○は、原毛の細さを表します。○○の数字が高いほど、原毛は細いといえます。つまり、数字が高いほど、生地は滑らかで上質といえるのです。ただし、数字が高ければよいというわけではありません。数字が高くなるほど生地はデリケートに、数字が低くなるほど生地は丈夫になります。スーツの用途に合わせて選ぶことが重要です。

高級スーツを仕立てるときは素材・生地にこだわりましょう

高級スーツの品質や印象は、生地や素材で変わります。高級スーツを仕立てるときは、生地と素材にこだわりましょう。どれを選べばよいかわからない方は、エルメネジルド・ゼニア、ロロ・ピアーナを選ぶとよいかもしれません。どちらも高品質な素材を用いて生地を製造しているので、安心して選ぶことができます。両者が生産している生地の中にも、さまざまな種類があります。さらに詳しい情報が必要な場合は、オーダースーツ店のスタッフなどに相談するとよいでしょう。