高級スーツのクリーニングの頻度と長持ちさせるコツをご紹介

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高級スーツのクリーニングの頻度と長持ちさせるコツをご紹介

高級スーツのクリーニングの頻度と長持ちさせるコツをご紹介

高級スーツはシワや毛玉に注意し、正しくメンテナンスを行うことで長持ちします。特にクリーニングに出す場合、既成のスーツよりも頻度を少なめにして、代わりにメンテナンスをこまめに行う必要があります。 

ここでは、高級スーツのクリーニング頻度とメンテナンス方法について紹介します。

 

高級スーツをクリーニングに出す頻度はどれくらいが理想?

高級スーツをクリーニングに出す際の頻度についてみていきましょう。 

 

3ヶ月~1年に1回でOK

自宅では落とすのが難しい汚れもクリーニングならきれいにできますが、頻繁にクリーニングをしていると型崩れの原因にもなります。 

目安として、クリーニングは3ヶ月に1回程度~1年に1度の間隔がベスト。家に帰ってブラッシングをかけ、アイロンをかけてシワ取りをする程度でも十分見た目が整います。 

 

クリーニング後のケアも重要

高級スーツをクリーニングに出した後は、ハンガーにかけて高温多湿ではない場所にかけておきます。 

スーツに被せられているビニールは通気性が悪いため、そのままにしておくと部屋の臭いなどがこもり、生地についてしまいます。 

湿気を含んでいる状態なので、自宅についたらビニールカバーはすぐに外してください。 

 

高級スーツを長持ちさせるためのメンテナンス方法

高級スーツを長持ちさせるためのメンテナンス方法について解説します。 

 

スーツに合うハンガーを使う

高級スーツは型崩れしないように、スーツの肩幅に合う厚手のハンガーにかけましょう。プラスチック製などは避け、吸湿性にすぐれた木製のハンガーを使います。 

1日着用したスーツは1日休ませるのが基本です。パンツは二つ折りにせず、専用の吊るすハンガーを使うようにします。 

 

静電気の起きにくいブラシを使う

スーツの表面についた汚れやホコリはブラッシングで落としましょう。スーツ用の、静電気の起きにくい豚毛や馬毛のブラシを使ってください。 

毎日ブラシをかけることで生地が整い、毛玉を防止する効果も生まれます。 

 

油汚れや落ちにくいシミはクリーニング店へ

高級スーツのクリーニングは頻繁に行う必要はありませんが、頑固な油汚れや落ちにくいシミはクリーニング店で落としてもらいましょう。 

自分自身で洗剤やシミ取りなどを使ってゴシゴシとこすると、生地が傷んでしまい劣化に繋がるおそれがあります。 

こまめなケアで長持ちさせる

高級スーツは日頃のメンテナンスが重要で、シワ取りのためのアイロンがけやブラッシングをこまめに行うことが大切。
しつこい油汚れや頑固なシワなどはクリーニングに出す必要がありますが、自宅でのケアも忘れずに。
美しい状態が維持できればスーツとして長持ちさせられるので、ぜひ自宅でのメンテナンス方法も押さえておきましょう。