高級スーツを長持ちさせるためのメンテナンス方法と店舗の選び方

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高級スーツを長持ちさせるためのメンテナンス方法と店舗の選び方

高級スーツを長持ちさせるためのメンテナンス方法と店舗の選び方

高級なスーツには品質の高い素材が使われており、長く着用できるというメリットがあります。スーツを長持ちさせるためには、正しくメンテナンスを行うことがポイントです。 ここでは高級スーツをメンテナンスする方法と、クリーニングに出す頻度・店舗の選び方について解説します。

 

 

3ヶ月~1年に1回でOK

スーツクリーニングにかかる料金の目安は以下の通りです。

 

 

 

料金 

オプション 

高級スーツ 

3,000円前後~ 

シミ抜き(血液・油・汗・食べこぼし・絵の具など)・各種加工(撥水・防虫・防カビ・UVカット・花粉防止・折り目つけ・ウォッシュイン・防炎加工など) 

一般のスーツ 

1,200円~2,000円程度 

 

 

高級スーツは一般的なスーツよりも素材に注意を払ってクリーニングを行うため、やや割高となります。 クリーニング・プレス箇所を細かく指定できるオーダーサービスなどは1万円近くかかる場合がありますが、店舗によっては高級スーツでも一般のスーツと同じクリーニング対応となることがあります。 クリーニング店の多くがカビや汗やけなどのシミ抜き、鮮やかに生地を仕上げるバイオ加工などをオプションに設定しており、通常のクリーニングに数百円~1,000円前後の料金が加算されます。

 

 

高級スーツを長持ちさせるためのメンテナンス方法

高級スーツを長持ちさせるためのメンテナンス方法について解説します。

 

 

スーツを休ませる

スーツは丸一日着用するだけで汗が染み込んだり、ホコリが繊維の奥深くに入り込んだりします。 擦り切れやほつれなど、見えないところにダメージを負うと、そこからダメージがさらに広がってしまうため、長持ちさせるには定期的にお休みを設けるようにしましょう。 目安として、一日着用したらその翌日と翌々日はお休みにし、3日目に着用するようにしてください。

 

 

クリーニング店の選び方

高級スーツをクリーニングに出す際、以下のポイントをチェックしてお店を選びましょう。

 

◆高級衣類に対応しているか

◆幅広い素材に対応しているか

◆高級クリーニング店に依頼する

 

高級衣類対応可能な店舗は、高級スーツの扱いを心得ているため安心してクリーニングを任せられます。 ウール・綿・カシミヤ・アンゴラなど幅広い素材を扱っている店舗も同様ですが、補修や折り目つけなどの取り扱いがあるかは別途確認が必要です。 洗濯からプレスまでを一貫して行うオーダーが可能な高級クリーニング店もおすすめです。

こまめなケアで長持ちさせる

高級スーツはここぞという時に着用するものであり、自宅での丁寧なケアが欠かせません。美しい状態を維持することで劣化を防ぎ長持ちさせられるので、ぜひ自宅でメンテナンスをする方法を押さえておきましょう。
PAGE
-TOP