該当していないか今すぐチェック!スーツが似合わない人の特徴

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 該当していないか今すぐチェック!スーツが似合わない人の特徴

該当していないか今すぐチェック!スーツが似合わない人の特徴

スーツが似合う人とスーツが似合わない人の差は身長や骨格や足の長さと持って生まれた要素が関係しているのが事実です。しかし自分はスーツが似合わない人と諦める必要はありません。ちょっとした工夫によってスーツが似合う人になることができます。スーツが似合わない人の特徴に該当していないか、確認していきましょう。

大きめのサイズを選択している

スーツを選ぶときに動きやすさや太ったときのことを想定して大きめのサイズを選択していないでしょうか。大きなサイズを選択すると布地がダボッとなったりボディラインがたるんで見えたりします。スーツが似合う人かスーツが似合わない人かの問題以前にだらしない印象を与えることになります。スーツのサイズを選ぶ場合は必ず試着し、ジャストサイズに仕上げることを念頭に置くべきです。

肩幅が狭いあるいはなで肩などの理由で肩が目立ってしまう場合もあります。貧相な印象を与える理由となってスーツが似合わない人と思われてしまいます。肩パットが入っているスーツを着用すれば問題は解決します。肩にしわが寄ったり肩が目立ってしまったりといった心配もなくなるものです。

細かいところに気を遣えていない

ジャストサイズのスーツを着用しているからといっても安心してはいけません。スーツと合わせるシャツやネクタイとほかのアイテムとのバランスを無視してしまうとミスマッチに見えてしまいます。細かい気遣いとファッションセンスが求められ、ビジネスマンは特に服装から内面までチェックされるからこそ相手にどう映るかを考えての選択が必要です。スーツを購入するときにはシャツやネクタイもまとめて購入してコーディネートしていきましょう。

スーツが似合わない人はスーツを着用していれば何でもよいと考える傾向にあります。スーツに気を遣えていないのに仕事の内容に気を遣えるのかと思われても仕方ありません。細かいところに気を遣えるようになってスーツを着こなせているといっても過言ではありません。

オーダースーツなら問題点をクリアできる

スーツが似合わない人の特徴に該当している場合、既製品ではオーダースーツを作るのがおすすめです。ジャストフィットする一着を作れて身体的特徴の問題点をクリアできます。既製品は標準体型を基準として作られているため、ジャストフィットする一着となることはほとんどありません。おおよそのサイズこそ合っているにしても、それぞれの身体的特徴を加味して作られているわけではありません。

社内で座りながら仕事をするのか、営業先に出向くなどして動き回るのかと着用シーンも想定してスーツを作ることもできます。ビジネスマンにとっての戦闘服であるスーツの正しい着こなしは常に意識していかないといけません。スーツ姿から自信が伺えるか自信なさげにしているかによって、今後のビジネスにも多大なる影響を与えると心得た方がよいでしょう。

今現在スーツが似合わない人の特徴に該当しているにしても、正しい着こなしをすれば改善可能です。身長や骨格や足の長さと持って生まれた要素を理由に妥協した選択をするのではなく、できる限りの努力をしていきましょう。

まとめ

なぜ相手にスーツが似合わない人と思われるかには明確な特徴があります。サイズミスやほかのアイテムとのミスマッチと、誰でもすぐに改善できる問題がないかをチェックしてみましょう。必要であるのなら細かな対応ができない既製品よりもオーダースーツを作ることを念頭に置いた方がよいでしょう。身体的特徴の問題もクリアできて、自分の拘りも生かすことができます。ビジネスマンは仕事の中身はもちろん、服装から仕事ができると思われてなんぼであることを意識しましょう。