高級スーツのお手入れ方法を徹底解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高級スーツのお手入れ方法を徹底解説

高級スーツのお手入れ方法を徹底解説

 

「高級スーツを購入したものの、お手入れ方法がわからない」と悩んでいませんか。お手入れ方法を誤ると、スーツを痛めてしまうため心配になりますよね。お困りの方のために、高級スーツのお手入れ方法を詳しく解説いたします。以下の情報を参考にすれば、大切な高級スーツを長く着続けられるはずです。気になる方は、参考にしてください。

 

 

毎日行いたい高級スーツのお手入れ方法

基本的な、高級スーツのお手入れ方法は以下の通りです。

 

 

着用後のブラッシング

スーツを着用したら、ブラッシングをして汚れを落とします。繊維内にホコリなどが侵入しているからです。これらを落としておかないと、虫食いの原因になる恐れがあります。ブラッシングは、しなやかさとコシの強さを併せもつ豚毛のブラシなどで上から下へ行います。力を入れず優しく行いましょう。

 

 

着用後はスチーマーでしわを伸ばす

スーツを着用すると、必ずシワが寄ります。この点は高級スーツであっても同じです。着用で寄ったシワは、その日のうちにスチーマーで伸ばしましょう。スーツをハンガーにかけて下へ軽く引っ張り、15~20㎝ほど離してスチームを当てればシワは伸びます。シワは、ジャケットの背中やスラックスの股部分に寄りやすいので、これらを重点的にチェックするとよいかもしれません。

 

 

風通しの良い日陰に保管する

手入れを終えたスーツは、風通しの良い日陰に保管します。目的は、スーツ内の湿気を取り除くことです。湿気を取り除かないとスーツの生地が傷むので、適切な保管もお手入れ方法のひとつと考える方がよいでしょう。

 

 

定期的なクリーニングも心がける

高級スーツを良い状態に保つため、定期的にクリーニングに出すことも重要です。クリーニングに出す頻度は着用頻度で異なりますが、春夏は1回/月、秋冬は1回/シーズンが目安といわれています。ただし、自分で落とせない汚れが付いたときは、早めのクリーニングを心掛けましょう。技術力のあるクリーニング店を選ぶコツは以下の通りです。

 

 

シャツを出して技術を見極める

高級スーツを適切に管理できるクリーニング店を選びたいときは、最初にドレスシャツをクリーニングに出しましょう。袖のプリーツやカフのロールがきれいに仕上がっていれば、技術力の高いクリーニング店と評価できます。ノリなしで仕上げてもらうとわかりやすいはずです。

 

 

検品が丁寧

技術力の高いクリーニング店は、検品を丁寧に行う傾向があります。ポケットに物が入っていないことはもちろん、穴や破れの有無、汚れやシミの有無、汚れやシミの原因、ボタンの種類などまで細かくチェックします。これらをチェックしているから、安全かつ確実にスーツをクリーニングできるのです。

高級スーツの寿命を延ばす日々のお手入れ

高級スーツは、特に頑丈に作られているわけではありません。お手入れを怠ると、一般的なスーツと同じように傷んでしまいます。大切なスーツは、日々のお手入れを怠らないようにしましょう。着用後のブラッシング、スチーム、日陰干しを心掛ければ、良い状態を保てるはずです。以上を参考に、お手入れを始めてみてはいかがでしょうか。