ビジネスマン向けスーツのジャケットの種類による違い

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ビジネスマン向けスーツのジャケットの種類による違い

ビジネスマン向けスーツのジャケットの種類による違い

ビジネスマンはスーツのジャケットの種類ごとの理解を深め、必要に応じて使い分けるのが望ましいです。さらにどの生地を選択するかによっても印象は大きく変わります。ワンランク上のビジネススタイルを形成するにあたって、スーツのジャケットの種類による違いは知っておかないといけません。適切なスーツのジャケットの種類を選択するために役立つよう、詳しく解説していきます。

シングルブレストとダブルブレストによる違いとは

ビジネススーツにはシングルブレストとダブルブレストの2種類あります。シングルブレストは定番のデザインで、多くのビジネスマンが選択している種類です。主張し過ぎず、正装が求められるシーンに相応しいです。ビジネスシーンではバランスのよいボタンが2つのものか3つのものを選択しましょう。

シングルブレストよりもダブルブレストは上品でオシャレな印象を与えられるデザインです。社会的な地位のある方に相応しく、経営者やチームリーダーなどが選択しています。年齢や立場を考慮して選択するかを判断しないといけません。どちらを選択すべきか迷った場合はシングルブレストを選択しましょう。

生地選びでスーツのジャケットの印象が変わる

スーツのジャケットは季節に適した種類を選択するのが望ましく、オシャレな着こなしをするうえで見逃せない点です。春や夏はコットンやリネンを選択するのがよいでしょう。コットンは通気性や吸湿性に優れ、爽やかで優しい印象に仕上がります。リネンは吸水性や発散性に優れ、防臭効果も高いです。清涼感を保てて程よいツヤがあり、スタイリッシュな仕上がりになります。

秋や冬はツイードやフランネルを選択しましょう。ツイードは防寒性と保温性に優れ、細かい色合いに仕上がって高級感を感じられるビジネススタイルを形成できます。フランネルはふんわりとした着心地と鮮やかな見た目が特徴の生地です。比較的カジュアル感が強く、ビジネスカジュアルがOKの職場なら選択しやすいです。

季節に適した生地を選択することでスーツのジャケットの印象が変わります。シングルブレストとダブルブレストと同じく、種類ごとによる違いを把握したうえで選択をしましょう。

ジャケパンスタイルを取り入れる場合の注意点

上下の色の違いをはっきりさせるジャケパンスタイルはビジネスカジュアルの定番となりつつあります。ジャケパンスタイルを取り入れる場合はパンツの色とのバランスを考えてジャケットを選択しないといけません。ビジネスシーンの王道はジャケットをネイビーにし、パンツをグレーにするコーディネートです。

さらに細身のシルエットでスタイリッシュな着こなしをすることも忘れてはいけません。ゆったりしたサイズを選択する一般的なスーツとは異なり、細身のシルエットであるからこそオシャレに着こなすことができます。もちろん、ジャストサイズに仕上げることを強く意識すべきです。肩幅、身幅、胸周りとジャストサイズに仕上げることでタイトなシルエットが実現します。服装でだらしない印象を与えることはビジネスマンにとって大きなマイナスで、ビシッと着こなすことが自分の価値を高める理由になります。

まとめ

スーツのジャケットにはシングルブレストとダブルブレストと2種類あり、自分はどちらを選択すべき判断して選択しましょう。さらに生地ごとの違いやジャケパンスタイルを取り入れる場合における注意点も覚えておきましょう。職場のルールや雰囲気、年齢や立場とさまざまな要素を考慮する必要があり、いちがいにどれを選択すべきとは断言できません。ビジネスシーンで適した選択をするためには好みを最優先するのではなく、状況を見極めることが何より重要です。