蝶ネクタイとシャツをどう合わせる?おすすめの着こなし法とは

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 蝶ネクタイとシャツをどう合わせる?おすすめの着こなし法とは

蝶ネクタイとシャツをどう合わせる?おすすめの着こなし法とは

蝶ネクタイは結婚式やパーティーなどフォーマルな場で着用するとオシャレ度が増す一方、ネクタイとは異なりどう着こなすべきか分からない方も少なくないでしょう。特に難しいのがシャツとどう合わせるかについてです。着用する前に今一度おすすめの着こなし法を参考にしてみてはいかがでしょうか。安心して普段とは異なる着こなしを楽しめるようになります。

合わせるシャツの色と柄

蝶ネクタイに合わせるシャツの色は白が基本です。最もフォーマルな色とされており、厳粛な雰囲気の場では白を選択しましょう。フォーマルな場からカジュアルな場まで幅広く対応できる色です。カジュアルなパーティーで遊び心を演出するのなら色物を選択しても問題ありません。ストライプやチェックといった柄物を選択するのもおすすめの着こなし法です。

蝶ネクタイに合わせる色と柄には特に決まりはありません。その場に適したコーディネートを心がけるようにしましょう。さらに蝶ネクタイの種類によってはシンプルな色や柄の方が合わせやすく、コーディネートの幅が広がります。

襟足が開いているシャツが合わせやすい

蝶ネクタイと合わせるシャツは襟足が開いている種類を選択しましょう。普通のネクタイにも合わせられるレギュラーカラーシャツが定番です。スプレッドカラーも適した選択となります。ほかにはフォーマルな場に適しているウイングカラーシャツも適しています。プレーン、イカ胸、ヒダ胸と3つの種類があります。ダークスーツと蝶ネクタイの組み合わせに適しているのはプレーンです。イカ胸やヒダ胸はフォーマルな場に適しています。

選ぶデザインによって大人っぽさを演出できたり可愛らしい愛嬌のある演出できたりイメージはガラッと変わります。敢えて着崩してみる方法もないわけではないものの、まずは基本に忠実な選択をすべきです。普段のネクタイを使ったスーツスタイルとは異なる魅力を演出できる一方、本来はフォーマルな場で着用する蝶ネクタイを使ったファッションにはさまざまなルールがあります。

周囲との差別化を図ることばかりに目を奪われることがないように失敗しないコーディネートも意識しましょう

蝶ネクタイとシャツの相性を考える

蝶ネクタイとシャツはワンセットと考えるべきです。ファッションとして合わないのはもちろん、その場に適していない種類を選択することは避けるにこしたことはありません。どう合わせるかべきか迷ったときはまず基本に忠実であるかを確認しましょう。さらにオーダーするという方法もあります。自分の体にフィットしたものを作れて着心地も異なります。自由にデザインを選択できて、生地や素材に拘ってよりコーディネートが楽しめます。

普段は蝶ネクタイを身に着けることがないからこそどう着こなすべきか頭を悩ませる方もいるでしょう。おすすめの着こなし法はまず失敗しないことです。その場に適した着こなしがおすすめの着こなし法となります。印象的な柄にしたり華やかな色にしたりすると失敗する可能性も高まるものです。特別な日に着用することの多いアイテムであるからこそ、細心の注意を払うべきです。

まとめ

蝶ネクタイとシャツを合わせるときにおすすめの着こなし法はまず失敗しないコーディネートにすることです。色が白で襟足が開いている種類を選択すればフォーマルな場でもカジュアルな場でも合わせやすいです。ポイントを押さえれば周囲にオシャレさをアピールできる一方、相性を考えての選択をしないと浮いてしまうコーディネートになりかねません。特に厳粛な場である場合は冒険することなく失礼あたらないことを大前提とすべきです。大成功のコーディネートよりも失敗しないコーディネートを意識しましょう。