ビジネスマンのスタイルを格上げする小物の選び方

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ビジネスマンのスタイルを格上げする小物の選び方

ビジネスマンのスタイルを格上げする小物の選び方

スーツを着用するときは、着用する場所や環境などの「TPO」に沿うことがマナーとされており、腕時計などの小物についても全体の一部として意識しなければなりません。 派手すぎず、偏った印象にならないように整えることが基本とされますが、小物の取り入れ方にはセンスが問われます。 本記事では、スーツスタイルを上品かつオシャレに決めたいときの小物について解説していきます。

 

 

シンプルで目立たないものを選択

ビジネスマンの仕事着に合わせる小物は、「シンプル」「ベーシック」が基本。小物すべてを同じブランドや色味で統一する方法もおすすめです。

 

通勤バッグ

通勤バックは机の上に自立する安定感のあるものを選び、防水性や防汚機能がついたものが便利です。 すぐに書類やデバイスが取り出せるよう、開口部が広くファスナーが閉まるバッグが防犯性を高めてくれます。 小物が散らからないようにポケットが細かく分かれているタイプや、リュックとして背負えるデザインもあります。 色は黒やダークブラウンがベターですが、機能性を重視して使いやすいものを選びましょう。

 

ネクタイピン(タイバー)

ネクタイピンはアクセサリーとして使うだけではなく、身だしなみ用品としても使われます。 ジャケットを着用しない時は、ネクタイが勝手に動かないようにピンで留めなければなりません。 ジャケットを脱いでシャツだけになった時のことを考え、派手なものは避けて6cm前後の長さのネクタイピンを選んでください。 ネクタイの位置にもよりますが、シャツの第3ボタンと第4ボタンの間に取りつけてください。

 

腕時計

ビジネス用の腕時計は派手なデザインとデジタル式を避けるのがベター。シンプルなアナログ時計をチョイスしましょう。 長時間の着用にも適した自動巻きタイプで、確認しやすいように文字盤が大きめのものがおすすめです。 ただしケースのサイズが大きすぎると遠目からでも目立ってしまうので、実際に腕に身につけて確認するようにしてください。

 

カフリンクス(カフス)

ビジネススーツに合わせるアクセサリーはシンプルなものが好まれます。 ネックレスやブレスレットなどのアクセサリーは普段着にのみ取り入れるようにして、スーツには避けたほうが良いでしょう。 カフリンクスはシャツの袖につけるものを指します。大ぶりで目立つデザインやストーンをあしらったものなどもありますが、派手な印象になりやすいため「さりげなさ」を重視してください。

 

ポケットチーフ

華やかでフォーマルな場所では、ジャケットの胸ポケットにあしらう「ポケットチーフ」がスーツスタイルを魅力的に見せてくれます。 シャツの色・ネクタイの色にそれぞれ合わせて選ぶ方法もありますが、色選びで迷った時はホワイトのリネン(麻)素材を選びましょう。

 

 

外見と機能性にこだわって選ぶ

スーツに合わせる小物は、身につけた時の見栄え(外見)と実際に使用したときの使い勝手(機能性)をどちらも重視するようにしましょう。 光沢感のありすぎるものはファッションアイテムとして強調されるため、ビジネスを邪魔しない程度のオシャレを楽しんでください。