スーツに合うアクセサリーの選び方とマナー

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツに合うアクセサリーの選び方とマナー

スーツに合うアクセサリーの選び方とマナー

スーツを引き立てるアイテムには、ネクタイのほかにもアクセサリー(小物)を付けてアクセントにすることができます。 

ここでは、スーツに合うアクセサリーの選び方と種類を紹介し、アクセサリーを付けるシチュエーションやマナーについてもチェックしていきます。 

 

スーツに合うアクセサリーの選び方

スーツに合うアクセサリーの選び方についてみていきましょう。 

 

アクセサリーの種類を知る

スーツに使えるアクセサリーには以下のようなものが挙げられます。 

・タイクリップ(ネクタイピン・タイバー) 

・ピンホールピン 

・ラペルピン 

・カフスボタン(カフリンクス) 

・チーフ 

・サスペンダー 

・ベルト 

ネクタイとシャツの前立てを挟んで固定するタイクリップ、シャツの襟を引き締めるピンホールピン、ネクタイの代わりに身につけるラペルピンコーディネートに取り入れればオシャレな印象に。 

腕につけるカフスボタンや胸ポケットに差し込むチーフは紳士的な印象になりますし、ベルトやサスペンダーは整ったスーツスタイルを演出するために欠かせないアイテムです。 

 

シンプルなものを選ぶ

はじめのうちは冒険せず、シンプルなデザインのタイクリップなどをワンポイントに使うなどして工夫すると良いでしょう。 

腕時計やメガネなどを使ってオシャレをしている方は、あれもこれもスーツに取り付けると煩雑で派手な印象を与えてしまいます。 

銀・プラチナ・真鍮などで作られたピンをさりげなく取り入れればワンポイントとしてオシャレに決まります。サスペンダーやベルトなどでスーツの内側にアクセサリーを仕込む方法もおすすめです。 

 

アクセサリーを付ける際のマナー

スーツにアクセサリーを付ける際のマナーについても確認していきましょう。 

 

TPOに応じた装いを

冠婚葬祭などの場では、派手すぎる装いはその場から浮いてしまうため避けましょう。ラペルピンはユニークなデザインが多いぶん、ビジネスシーンでは敬遠されがちなアイテムです。 

ビジネスにも使えるアイテムには、タイクリップとカフスボタンの2種類のみ。それ以外は時計やメガネを使って装いを整えますが、どんな持ち物でもTPOに合わせたアイテムを選ぶようにしてください。 

アクセサリーで華やかに

シンプルすぎるスーツスタイルには、ワンポイントだけのタイクリップやカフスボタンが華やかな印象をプラスしてくれます。
スーツとのコーディネートはもちろん、手持ちの時計やメガネ、ベルトなどとのコーディネートも意識すると、さらに統一感が生まれスタイリッシュな印象に。
ぜひアクセサリーをスーツに取り入れて、華やかな装いを楽しんでみてはいかがでしょうか。