まずはスーツのシルエットについて知ろう!なぜサイズが重要?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > まずはスーツのシルエットについて知ろう!なぜサイズが重要?

まずはスーツのシルエットについて知ろう!なぜサイズが重要?

高価な生地をデザインに目を奪われることなく、ビジネスマンはまずはスーツのシルエットについて知ろう!う!とする気持ちが大切です。自分の体型にジャストフィットしたものでないと見た目の印象が悪くなってしまいます。サイズが大きすぎても小さすぎてもスーツを着こなせていない印象に映ってしまいます。なぜまずはスーツのシルエットについて知ろう!とすべきか、そしてなぜサイズが重要となるのかを覚えていきましょう。

スーツのシルエットは3つの種類から選択

スーツのシルエットはスリムシルエット、ゆったりシルエット、スタンダードシルエットの3つの種類から選択できます。スリムシルエットは全体に細めで20代から30代を中心とした細身の男性にピッタリのタイプです。ゆったりシルエットはガッチリした体型の方に適しており、40代や50代に人気があります。スタンダードシルエットは平均的なシルエットのタイプで、どの年代の方が着用しても問題ありません。

スーツ全体の形を決める要素となるのはシルエットです。自分に合うシルエットを選択したうえでジャストフィットするサイズに仕上げるのが基本中の基本となります。まずはスーツのシルエットについて知ろう!う!とし、自分にはどのタイプが適しているのかを考えてみましょう。今後太ったときのことを想定するのではなく、あくまでも今現在の体型からどのタイプが適しているかが重要です。

肩周りのサイズが合っているかを確認

ジャストフィットするサイズに仕上げるために重要となるのは肩周りのサイズが合っているかです。ぱっと見の印象でスーツのサイズが合っていないと思われる要因となるのが肩周りのサイズです。肩山と肩の先がフィットしているかに注目し、肩山には人さし指が1本程度の余裕を持たせて腕を動かしやすくしましょう。さらに袖丈もワイシャツの袖口が1~2cm程度出るようにしましょう。肩と腕周辺のサイズが合っていないとスタイリッシュに着こなすのは難しいです。

ビジネスマンはスーツのシルエットについて知ろう!とする気持ちを大切で、見た目の印象をよくしてビジネスを有利に働かせようとする努力が必要です。パンツも同様にベルトを締めたときにシワが寄っていないか、お尻周りの生地が張ったりもたついたりしていないかを確認していきましょう。お尻周りがだぶついているとだらしない印象を与えてしまいます。

サイズが合っていないのはルーズさの象徴

まずはスーツのシルエットについて知ろう!う!とすべきなのは、サイズが合っていないのはルーズさの象徴であるためです。ルックスやスタイルがよくないとスーツ映えしないと考えるのは間違っています。スーツのサイズとシルエットを合わせるだけで見栄えは大きく変わります。ほとんどの方がスーツ選びを間違っており、逆をいえばさらにスーツ映えする可能性を秘めているといえるものです。

まずはスーツのシルエットについて知ろう!とする気持ちがあれば、スーツ姿で周囲との差別化を図ることができます。ビジネスマンは常にスーツ姿をチェックされているという意識を持つのが重要で、まずはスーツのシルエットについて知ろう!とすることがスーツ映えする第一歩です。

まとめ

まずはスーツのシルエットについて知ろう!とすることがビシッとスーツを着こなすための第一歩となります。シルエットとサイズが合っていないとスーツを着こなせていない印象を与えてしまいます。高価な生地やブランドに目を奪われることなく、正しくスーツを着こなすことを念頭におくべきです。ビジネスマンはスーツ姿の良し悪しで内面までチェックされます。今現在着用しているスーツに問題がないかをチェックしてみましょう。