せっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がない

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > せっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がない

せっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がない

せっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がないのはいうまでもありません。正しい着こなしをしてこそ端正で魅力的な映るものです。相手に好印象を抱かれることがビジネスにも影響を及ぼすビジネスマンは特にせっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がないということを頭に入れ、正しい着こなしのポイントを覚えていきましょう。

正しいスーツの着こなしの基本

せっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がないのはいうまでもなく、いかに正しいスーツの着こなしをするかが重要です。ボタンは1つ掛けとし、椅子に座るときにはボタンをすべて外しましょう。ドレスシャツはレギュラーかワイドカラーシャツを選択し、美しく見せることを意識すべきです。シャツは素肌に合わせて白かベージュを選択し、ビジネスシーンでは柄物は選択すべきではありません。ソックスはパンツかシューズの色に合わせ、外側のポケットには何も入れずに不格好に見えないようにしましょう。

スーツのみならず、ほかのアイテムの選択も正しいスーツの着こなしをするうえにおいて無視できない要素です。土台となる基本的なスーツの着こなしができているかによって見栄えは大きく変わります。どんな高級ブランドであっても正しいスーツの着こなしをしていないと意味がありません。

TPOに合わせた着こなしを目指す

ビジネスマンがビジネスシーンでスーツを着用する以上、TPOに合わせた着こなしを目指すのは当然です。せっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がないのはもちろん、TPOに合わせた着こなしができていないことは相手に悪印象を与えることにもなりかねません。欧米諸国ではポケットチーフを取り入れるのが当たり前となっているものの、日本のビジネスシーンでは取り入れている方はそれほど多くありません。華やかさを演出するポケットチーフが敬遠される場合もあります。

ジャケパンスタイルに関しても同様です。若い世代を中心にジャケパンスタイルを形成するビジネスマンは少なくないものの、年配の方に上下のスーツこそビジネスシーンで適した服装という認識のもと、嫌悪感を抱かれるかもしれません。せっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がないのはもちろん、その場に適した服装という観点からも選択しないといけないものです。

ビジネスシーンではオーソドックスなスーツを選択する

ビジネスシーンでは清潔感があって誠実で落ち着きのある印象を相手に与える服装が望ましいです。この条件に該当するコーディネートとなると、オーソドックスな選択です。無地のネイビースーツに白シャツを合わせるといったシンプルな着こなしこそビジネスシーンに適した選択となります。せっかくスーツを着用しているのだから個性を強調したい気持ちがあるにしても、グッとこらえて相手にどう映るかを第一としましょう。

完成度の高いスーツスタイルは汎用性が高くてオーソドックスな選択のなかにあるものです。どこへ出向いても違和感がなく、悪印象を与えることのないスーツスタイルをビジネスマンは目指すべきです。できるビジネスマンほど用途とTPOに合わせて適切なスーツを仕立てています。せっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がないということを心にとどめ、ブランドや価格に踊らされないようにしましょう。

まとめ

せっかくいいスーツでも着こなせなければ意味がないということをビジネスマンは特に意識すべきです。基本となる正しい着こなしはもちろん、TPOに合わせた着こなしも求められます。社外の人間と会うときに問題ない服装をするのがビジネスマンにとっての当たり前であるからこそ、オーソドックスなスーツを選択するのがおすすめとなります。今日からでもビシッとスーツを着こなすことができるものです。今現在のスーツの着こなしについて問題がないかをチェックしていきましょう。