オシャレ上級者を目指すためのオーダースーツのボタンの選び方

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オシャレ上級者を目指すためのオーダースーツのボタンの選び方

オシャレ上級者を目指すためのオーダースーツのボタンの選び方

オーダースーツのボタンの選び方は簡単そうで難しく、それぞれの素材の特徴やシチュエーションによっての使い分けと考慮すべき点がいくつかあります。ビジネスマンはビジネスシーンで使うことを想定して選択をしないといけません。オシャレ上級者を目指すためのオーダースーツのボタンの選び方を理解し、適した選択をしていきましょう。

ボタンの各種類による特徴

オーダースーツを格上げするボタンの各種類にはそれぞれ異なる特徴があります。適した選び方をするにあたって特徴を無視することはできません。水牛は高級な素材でラグジュアリーな光沢を放っています。ビジネスシーン用の場合は落ち着きを持たせるためにツヤ消しのものもあります。貝は上品さを演出するのに適した種類で、表面に凹凸があるのが特徴です。

ナットはヤシの実から作られ、ツヤが抑えられて使いこんでいくと風合いが増していきます。オーダースーツとの親和性が高いのも魅力的です。練りは水牛の代用品として用いられ、摩擦に強くて低コストであるのが特徴です。くるみは半球型や穴の空いたものとさまざまな形状のものがあります。

ビジネスシーンで適した選び方とは

オーダースーツをビジネスシーンで着用する場合、第一候補とすべきは高級感も落ち着きも演出できる水牛です。貝も上品な輝きがあって、爽やかさを演出するにあたっても適しています。ほかのボタンはカジュアルジャケットに使うのに適しており、ビジネスシーンではカジュアル感が強すぎる場合もあるのが注意点です。

オーダースーツのボタンの選び方はシチュエーションありきと心得た方がよいでしょう。ビジネスシーンでは悪目立ちせず、基本に忠実なコーディネートをするのが基本となります。ボタンの選び方を間違えてしまうと全体のバランスが損なってしまうかもしれません。オーダースーツを上品に見せられる装飾品として機能するかをシチュエーションから考えていくのがおすすめです。

スーツと同系色でまとめるのがおすすめ

オーダースーツのボタンはカッコよくもダラしなくもしてしまう装飾品であり、スーツ全体を柔らかくしてくれたりシルエットの引き締めに役立ったり魅力を引き立たせる役割を担っています。ビジネスシーンで適した種類を選択するのはもちろん、どの色を選択するかの選び方も覚えておくべきです。基本となるのはスーツと同系色でまとめることです。目立ちすぎることなく、スーツ全体の色合いと調和します。

ネクタイやシャツと同じく、ひとつのアイテムが目立ちすぎるのはトータルバランスを考えるにあたって避けるべきです。仕事のときに毎日着用するスーツであるからこそ、よい意味で目立たないことを念頭に置いた方がよいでしょう。特に社外の人間と会う機会が多いビジネスマンの場合は相手に悪印象を与えるかもしれない要素は徹底的に排除していくべきです。

明るめの色を選択してコントラストを意識してメリハリを付けるという方法もないわけではありません。しかしビジネスマンの選び方としてはまず基本に忠実であるべきです。誠実で清潔感を感じられて落ち着きのある印象を与えることを意識しての選択をしましょう。

まとめ

オシャレ上級者を目指すためのオーダースーツのボタンの選び方について理解できたでしょうか。自分の好みを最優先に選択したい気持ちをグッとこらえ、ビジネスシーンで適した選び方をしましょう。適した種類を選択し、スーツと同系色でまとめれば少なくとも失敗することはありません。長期的に着用していくオーダースーツであるからこそ、後に後悔しないように無難といえる選択をするのがおすすめです。奇をてらう選択よりも基本に忠実な選択を心がけるのがよいでしょう。