30代におすすめの細身スーツの選び方と着こなし術

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 30代におすすめの細身スーツの選び方と着こなし術

30代におすすめの細身スーツの選び方と着こなし術

「30代に突入したけど、相変わらずスーツをうまく着こなせない」と、悩んでいませんか。新人とはえない年代なので、そろそろスーツをうまく着こなしたいですよね。お困りの方のために、30代に似合う細身スーツの選び方と着こなし術を紹介します。以下の情報を参考にすれば、イメージ通り決まるはずです。 

 

30代におすすめの細身スーツの選び方

細身スーツの選び方は以下の通りです。 

 

フィッティング(サイズ選び)にこだわる

ハイブランドのスーツであっても、自分の体形に合っていなければ格好良くは決まりません。スーツ選びで最も重要なポイントはフィッティングにあると心得ましょう。肩回り・胸回り・袖丈・着丈・ヒップライン・パンツ丈に分けてフィッティングの基本を紹介します。 

 

・肩回り 

袖付け部分に違和感がないことを確認。襟下の部分にしわが寄っていないこともチェック。 

 

・胸回り 

ボタンを閉じて、拳ひとつ、入る程度が目安。 

 

・袖丈 

腕を下げた状態で、シャツの袖が1~2㎝程度、見えるくらいが目安。 

 

・着丈 

トレンドにもよるが、おしりが隠れる程度、あるいはおしりの真中程度を選ぶとバランスよく見える。 

 

・ヒップライン 

余計なだぶつきがなく、美しいヒップラインがでていればOK。 

 

・パンツ丈 

軽くクッションができる程度が目安。細身であれば、靴下が軽く見える程度を選んでも〇。 

 

以上を基本に、スーツ選びを進めてみるとよいでしょう。 

 

 

細身に見せる30代のスーツの着こなし術

体型が気になる30代は、スーツの着こなしに注意するとよいかもしれません。細身に見せるスーツの着こなし術を紹介します。 

 

きつすぎるスーツは避ける 

細身に見せるため、身体のラインがはっきりわかるスーツを選ぶと、かえって体型が強調されてしまいます。できるだけジャストサイズのスーツを選びましょう。 

 

膨張色よりも収縮色

黒やネイビーなどの収縮には着やせ効果があるとされています。この点を意識して、コーディネートを考えると細身に見せることができます。 

 

ストライプを活用

ストライプ柄にも着やせ効果があります。着やせ効果を期待できる理由は、縦のラインを強調できるから。手軽に細身に見せたい場合は、活用するとよいかもしれません。 

30代は細身スーツでできる男を演出

30代はスーツを上手に着こなしたい年代です。スーツを上手に着こなせると、なんとなくできる男に見えてしまいます。細身スーツを着こなすポイントは、サイズ選びにあるといえるでしょう。基本のポイントは、紹介した通りです。細身を意識しすぎて身体のラインを強調すると、かえって太く見えてしまうことがあるので注意しましょう。黒やネイビーなど、収縮色のスーツ、ストライプ柄には、着やせ効果があるといわれています。細身スーツを選ぶときに意識すると、体型をカバーできるかもしれません。以上を参考に、自分に合っているスーツを選んでみてはいかがでしょうか。