一流の男たちがしているスーツの着こなしと身だしなみ術

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 一流の男たちがしているスーツの着こなしと身だしなみ術

一流の男たちがしているスーツの着こなしと身だしなみ術

一流の男に近づきたいと考えているのなら、スーツの着こなしにこだわってみましょう。仕事ができる男はみんな格好よくスーツを着こなしているほか、身だしなみにも注意を払っています。具体的に何にこだわれば良いのかご紹介しましょう。

スーツをしっかり着こなすために重要なポイントをご紹介しましょう。

基本の着こなし方

スーツを着こなす際の基本を理解し、実践していきましょう。
まず、汚れやシワがつかないようにして清潔感を保つことが重要です。また、ジャケットの一番下のボタンは留めないのが正しいので、すべて留めないように注意する必要があります。
各部分の丈についてですが、袖は腕を自然に下ろした際に1.5cmほどシャツが出るほどの長さにしましょう。着丈は後から見た際に、お尻の一番下の線が見えるか見えないかくらいの長さがベストです。
ネクタイは、大剣と呼ばれる太いほうの先端がベルトに少しかかるくらいの長さに調整します。裾に関しても長いとだらしなく見えてしまうので、靴のヒール部分よりも3~4cmほど上あたりに調整しましょう。

着こなしにこだわる理由

ビジネスシーンで着ることが多いスーツは、その人の印象を大きく左右します。明らかに身体にフィットしていなかったり、だらしないように見えたりすると、仕事ができない男に見られてしまう可能性もあるのです。
そのため、一流の男性は人からどのように見られるのかを意識して、身だしなみを考えています。ただ単に高級スーツを着れば良いわけではなく、生地の種類にこだわったり、シルエットにこだわったりするのも良いでしょう。

一流の男はシャツやネクタイにもこだわる

スーツのほか、シャツやネクタイにもこだわりが必要です。例えば、シャツは色によって次のような印象を与えます。

・青色…礼儀正しさ
・水色…さわやかさ、若々しさ
・黄色…親しみやすさ
・緑色…穏やかさ
・赤色…華やかさ、力強さ
・ピンク…優しさ
・灰色…冷静さ

いずれの場合も清潔感を演出することが重要なので、スーツと同じく汚れやシワがついたものは着ないように注意が必要です。糊の効いたパリッとしたシャツを毎日着るのが理想だといえます。

ネクタイの着こなし

先述した色の印象はネクタイにも言えることです。ネクタイは目に入りやすい部分でもあるので、色が持つ意味をよく考えて着こなしに役立てましょう。
スーツの定番カラーであるネイビーやグレーとの相性で考えるのなら、スーツと同系色を選んで統一感を出したり、スーツと反対の色を選んでシャープな雰囲気を作ったりすることもできます。

シャツもネクタイも意外に人から見られている部分なので、身だしなみのひとつとして気を抜かないようにしましょう。

身だしなみを整えてできる男になる

いくら仕事ができても、身だしなみに問題があると印象が悪くなってしまいます。着るものはもちろんのこと、持ち物や靴にもこだわりを持ち、できる男に近付いてみてはいかがでしょうか。
さらには立ち居振る舞いにも意識を向けることにより、より一層一流の男を目指すことができます。