いいスーツの見分け方を伝授

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > いいスーツの見分け方を伝授

いいスーツの見分け方を伝授

せっかくスーツを購入するのなら、できる限り良いものを選択したいところです。そこで、いいスーツの見分け方についてご紹介します。

どのようなポイントに注目すれば良いのか理解しておくと、お店で商品を購入する際に役立つはずです。どこで購入するのが良いのかについてもご紹介するので、参考にしてみてください。

 

いいスーツの見分け方のポイント

いいスーツの見分け方として、以下の5つのポイントがあります。

 

立体感を意識して作られている

人間の体は直線的ではなく、様々な部位で曲線を描いているので、それに合わせて作られているものを選択しましょう。例えば、ただまっすぐ立った時、腕は身体の側面から見て後ろ側よりも前側に向かってカーブを描いているので、これを無視して直線的にまっすぐ作られたものは着心地の悪さを感じさせてしまいます。

また、実際にする気にシルエットが崩れて見えてしまうため注意が必要です。

 

腕の稼動域が広い

ハンガーに吊るした状態でジャケットを上から見た時、肩からはみ出している袖部分が小さいものよりも大きいものを選んだ方が腕の可動域が広くなり、着心地の良さを感じさせます。よくわからない場合は実際に試着し、腕を上下に動かして窮屈さを感じないか確認しましょう。

 

ヒゲを確認

ヒゲとは、上襟をめくると現れる表の生地を折り返して塗ってある部分のことで、ヒゲがあるのはこだわって作られたスーツの証とされています。確認しやすい部分なのでチェックしてみてください。

 

手仕上げかどうかを確認

布や糸の調子を見ながら手作業で仕上げているスーツは高品質なものが多いです。例えば、ボタンホールとステッチ部分を確認し、手仕上げになっているかチェックしてみてください。

 

価格が安すぎない

30,000円以下で購入できるような商品はどうしてもコストをかけることができないので、ある程度の価格帯のものを選んでおくのもポイントです。それなりの品質のものが欲しいと考えているのなら、50,000円以上のものから検討してみてはいかがでしょうか。

 

いいスーツはどこで選べばよい?

様々なお店で購入が可能ですが、やはり専門店で購入するのが1番です。なかでもオーダースーツを取り扱っているお店なら一人ひとりの希望や体型に合わせて最適な1着を作ってくれます。

専門店なら相談しながらオーダーが可能となっているので、いいスーツの見分け方がわからなくても問題ありません。丁寧に相談に乗ってくれる専門店でオーダースーツを作るのがおすすめです。

 

高品質なスーツはツヤも着心地も違う

品質が悪く、自分の体型にも合っていないようなスーツを選択してしまうと、疲れやすくなりますし、何より不格好に見えてしまうので、いいスーツの見分け方を理解し、自分に最適な1着を選びましょう。

その際、オーダースーツなら自分の体型に合わせてジャストフィットする形で仕上げてくれるので安心です。体型に合わせて作られたものは格好よく着こなせるので、検討してみてはいかがでしょう。