冬の結婚式!服装選びで気をつけたい点は?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 冬の結婚式!服装選びで気をつけたい点は?

冬の結婚式!服装選びで気をつけたい点は?

社会人になると、知人や会社の同僚の結婚式に呼ばれることは増えていくでしょう。そんな時に気になるのが、服装選びです。冬の結婚式に着ていく服装に気を付けないと、上着がカジュアル過ぎる可能性があります。今回は、冬の結婚式といったフォーマルな服装選びについて解説していくので、参考にしてみてください。

冬のフォーマルシーンに合う素材

冬のフォーマルシーンにおすすめの素材は、「ベロア」などです。ベロアは光沢のいい素材であるため、パンツスタイルやワンピースでも綺麗で上品に見せることができます。

ベロア素材自体が保温性の高い素材になっていることから、冬の寒い季節に着ていく衣類としておすすめです。

色合いとしては、シックな装いが出来るようにダークブラウンなどを選択すると、フォーマルシーンでも落ち着いた雰囲気を演出することができます。

他にも、厚手の「ジャガード」素材もおすすめです。ジャガード素材は、適度な光沢感があり、様々な柄を選択することもできます。ウェディングドレスの素材にも活用されているほど、上品な演出をしてくれるため、フォーマルシーンで着ていく素材として活用することが可能です。

他にも、冬におすすめの素材として、ニット素材やコットン素材があります。保温素材であるため、冬の寒い季節には打ってつけです。しかし、デザイン性や雰囲気に気を付けないと、カジュアル過ぎる印象を周囲に与えてしまうため、フォーマルシーンで着ていく場合は、注意が必要になります。

羽織物のファーは禁物

冬場は会場の中でも寒い可能性があることから、「ボレロ」や「ショール」といった羽織物を着ていく方も多いでしょう。羽織物は、冬場では心強い防寒具になるため、必ず持っていくことをおすすめします。

しかし、羽織物で注意しないといけないことが、ファー素材を避けるということです。ファー素材は、毛皮で出来ていることを連想させるため、お祝い事の席には推奨されていません。

動物の殺生を思わせることから、結婚式ではマナー違反とみなされます。また食事を行うことが多い結婚式では、毛羽が飛び散ってしまうことから、そもそも素材として向いていないのが特徴です。

冬の結婚式でもブーツはマナー違反

冬場では足元を温めてくれるブーツが重宝されますが、結婚式といったフォーマルシーンでは、ブーツの着用はマナー違反です。カジュアル感が高いことから、スニーカーや革靴を履くことも避けましょう。

どうしても、冬の寒さに耐えられなくてブーツを履きたいという場合は、会場の外まではブーツを履いていき、会場の中では他の靴に履き替えるようにすることが大切です。

フォーマルシーンでは、意外にも足元を見られることが多いので、マナー違反として見られないように、足元のオシャレにも気を付けましょう。

冬の結婚式は暖色系がおすすめ

冬の結婚式で服装を選ぶ場合、色合いは暖色系がおすすめです。ブルーなどパステルカラーは、爽やかな印象がありますが、夏のイメージが強く、冬に着ていくと視覚的に寒いと感じられる可能性があります。

暖色系であるオレンジやピンク、ワインレッドなどの色であれば、温かみがあって冬の結婚式でも受け入れられることが多いでしょう。

冬の結婚式では、服装の色合いにも注意して選ぶことが大切なので、慎重に選択するようにしてください。

まとめ

冬の結婚式では、寒いからといってニット素材やコットン素材を服装選びの際に選択してしまうと、カジュアルな雰囲気で会場で浮いてしまう可能性があります。

また羽織物についても、ファー素材は殺生を連想させてしまうため、お祝いの席には向いていません。羽織物を選ぶ時には、マナー違反とならない素材で選択するようにしましょう。

ブーツについても、カジュアルな雰囲気があるためおすすめできません。冬の結婚式では、服装選びに注意することが大切なので、慎重に選ぶようにしていきましょう。