何着必要?最低限そろえておきたいスーツの数とデザインをご紹介

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 何着必要?最低限そろえておきたいスーツの数とデザインをご紹介

何着必要?最低限そろえておきたいスーツの数とデザイン

社会人として会社に勤めている限り、スーツは着用する必要があり、毎日着ることを考えると、十分な数を揃えておくことが大切です。今回は、最低限揃えておきたいスーツの数とデザインについて解説していくので、参考にしてみてください。

スーツ数は3着あれば安心

社会人として活躍することを考えると、スーツを何着持っておけばいいのか、悩んでしまう方も多いでしょう。1着では心許ないので、もう1着必要になります。

また1着をクリーニングに出している間にも、着ているスーツが汚れてしまうと、他に会社で着ていくものがなくなってしまうので、最低でも3着のスーツを準備しておけば安心です。

シーズンごとに、春秋用・夏用・冬用とシーツの特性が異なるので、季節に合わせたスーツを準備しておくことも重要になります。

新入社員の場合は、最初は2着だけ用意しておき、まだ必要と感じた時にもう1着を給与で購入すれば、費用的にも安心でしょう。

スーツを3着持っておけば、中2日ほどで1週間を着こなすことができるので、常に清潔な状態を維持し、服の劣化も最低限に抑えることができます。

特に営業の方は、外回りが多く、スーツが汚れる傾向にあるため、スーツ数は最低でも3着は所有しておくといいでしょう。

持っておきたいスーツのデザイン

新入社員の場合は、黒のリクルートスーツを選ぶ方が多いですが、全てのデザインが黒では、会社内では歓迎されません。黒は重い空気感があることから、社内ではライトグレーや紺のスーツを何着か用意しておくことをおすすめします。

スーツについては、無難なデザインを選ぶことが大切ですが、ネクタイやシャツについては、多少の遊び心としてオシャレなデザインを選択するのもいいでしょう。

ただ派手すぎなデザインは会社では好まれないので、どこで着ても恥ずかしくないような定番の色のスーツをローテーションで着ていくことが大切です。

ビジネスシーン以外にもスーツは必要

基本的にビジネスシーン以外は着ることが少ないスーツですが、冠婚葬祭のためにも正礼装用のブラックフォーマルスーツは必要です。

社会人であれば、会社の同僚や上司、社外での付き合いで礼服や喪服が必要になることもあります。そのため、ブラックフォーマルスーツは、早めに購入して準備しておくことが大切です。

スーツ以外にも弔事の場合は、ネクタイは黒無地、ワイシャツは無地のシンプルなもの、黒い靴下を用意しておくことも忘れないでおきましょう。

古くなったスーツはすぐに買い替える

基本的に、平日のローテーションで着るスーツは、3着あれば安心ですが、スーツも着ていると徐々に摩耗していきます。摩耗したスーツは、ほつれてきたり、擦れてテカテカすることもあるため、早めに買い替えて身だしなみを整えることが重要です。

そのため、古くなったスーツは見切りをつけて、早めに交換することをおすすめします。古くなったスーツを捨てる前に、事前に新しいスーツを購入して、3着は常に常備しておくことを意識していきましょう。

買い替える度に交換していけば、スーツが溜まって収納を圧迫することもありません。スーツ数は多すぎず、少なすぎずを考えて、日々の生活の一部として検討していきましょう。

まとめ

社会人にとって大切なスーツは、ローテンションを意識して、最低3着は所有しておくことがおすすめです。少なすぎると、汚れた時に替えがないと不安になってしまいます。

反対に多すぎると、収納する場所を確保するために、部屋を圧迫してしまう可能性があるので、適度な数で抑えておくことが重要です。

デザインについても、会社で利用することを意識するためにも、無難なグレーや紺といった色合いのスーツを常備しておくといいでしょう。