スーツの生地作りでの水の重要性!軟水と硬水の違いとは

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツの生地作りでの水の重要性!軟水と硬水の違いとは

スーツの生地作りでの水の重要性!軟水と硬水の違いとは

スーツは生地が命といっても過言ではありません。良質な生地を選択すれば長期に渡って着用できるスーツになる可能性が高いです。スーツの生地作りで見逃せないのが水の重要性で、良質な生地産地の近くには良質な水が流れています。また、軟水と硬水による違いも大きいです。スーツの生地作りにおける水の重要性についての理解を深めることで、望み通りのスーツを手に入れられるようになるでしょう。

生地作りで使用する水による違い

生地を作る際には染色や洗浄で多くの水を使用します。このとき使用する水が軟水であるか硬水であるかが水の重要性を示すものです。軟水と硬水による違いは、カルシウムとマグネシウムをどれだけ多く含むかです。軟水は水1000L中で120mg/L未満となります。カルシウムとマグネシウムは色素と結合する性質であるのが注意点です。生地を染めるはずの色素を洗浄した際に結合してしまうと沈殿物として出てしまい、硬水がスーツの生地作りで不向きである理由となります。

軟水を使用するのがスーツの生地作りでのポイントであり、水の重要性を示すものです。しかし、軟水であればどんな水でもよいわけではありません。硬水を軟水化させた場合、天然の軟水に含まれる成分が含まれず、仕上がり時の風合いが異なります。一流ブランドのスーツならではの風合いは、天然の軟水で洗浄することで出せるものです。手に触れたときの柔らかさと光沢感を引き出す理由ともなるため、水の重要性を理解してスーツ選びをするのが望ましいでしょう。

ビエラ地方に生地の生産会社が多い理由

スーツの生地作りで軟水であるのが重要なのは理解できたことでしょう。色素の減少が少なくてよく染まり、沈殿物も少なくなって環境を汚すこともあまりありません。イタリアで唯一軟水が流れるビエラ地方には、数多くの生地の生産会社があります。硬度5.5の超軟水であるのが大きな理由です。日本の軟水は硬度が11~100であるため、硬度の低さが目立ちます。自然な柔らかさと生地を風合いが引き立ち、耐久性も高くなるものです。その土地の水によって生地の風合いは微妙に変わっていくものの、軟水を使用することが重要である事実は変わりありません。

国内外の有名ブランド生地は水の重要性を理解しており、良質で豊富な水の恩恵を受けています。一口に価格が高い生地のスーツを選択すべきというわけではないものの、生地の繊細さや強度、上品な光沢や吸湿性や弾力性といった質にこだわる場合、水の重要性を考慮している生地のスーツを選択した方がよいでしょう。

高い生地には高い生地たりえる理由が存在する

スーツの価格は生地によって大きく左右されます。価格の安いスーツの品質は良くも悪くもそれなりであり、粗悪品であるわけではありません。しかし、高コストな生地と比較すると劣る部分があるのが事実です。高い生地には高い生地たりえる理由が存在すると覚えておいた方がよいでしょう。水の重要性を理解して生地作りを行うにあたってコストが高くなるのは明白です。良質な軟水を使用するのは簡単ではないためです。

長期にわたって着用し続けられるスーツを求める場合、生地の質は無視できない要素となります。手間暇かけて織り上げる工程のひとつにどの水を使用するかといった問題があります。どの品質のラインにするかが明確であるのなら、オーダースーツを視野に入れた方がよいでしょう。既製品のスーツで質を100%追及するのは難しいためです。

まとめ

スーツの生地作りで軟水を使用することが、高い質を保てる理由になります。高級なスーツでは軟水を使用する場合が多いです。長期にわたって着用し続けられるスーツを求める場合、軟水か硬水かの見極めもしないといけません。高い生地には高い生地たりえる理由が存在し、安さを求めた場合に100%の質は担保できません。総合的な判断でよりよいスーツを選択するために、水の重要性は無視できない要素と言えるでしょう。