オーダースーツに合わせる腕時計は自身のイメージの表現方法です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツに合わせる腕時計は自身のイメージの表現方法

オーダースーツに合わせる腕時計のポイント

最近は、腕時計の種類が増えてきて、フォーマル、カジュアルからランニングや登山などに特化した機能性腕時計などといったものも出てきています。その中でも、ビジネスマンとしてオーダースーツを着る場合には、合わせる腕時計の種類のポイントがありますので、選び方の含めて考えてみました。

オーダースーツに合わせる腕時計の選び方

腕時計の付け方

オーダースーツを着る時には、腕時計をするかしないか聞かれた場合はどちらがいいでしょうか。どちらでもよい良いという選択肢もありますが、ビジネスシーンにおいては、腕時計をしない場合、ビジネスの計画や実施に支障をきたすことになりますし、いちいち携帯電話で時間を確認するというのも相手に対して失礼になりますので、スーツに合わせる腕時計は必ず着用します。

腕時計のケースの種類やサイズ

腕時計のケースの種類には、丸形、角形、長方形などがあります。また、それぞれについてサイズが異なった種類があります。そのような際の合わせる腕時計は、どのように選べばよいのでしょうか。自身の体型に合った腕時計を選択することで、合わせる腕時計が手に入ります。例えば、体の大きい太り気味の人には大きめの丸形に、がっちりとした体型の人には角形に、細い体型の人には長方形に、といった選び方になります。

時計盤の種類

時計盤は、最近はアナログ式だけでなくデジタル式やアナログ式とデジタル式と共存しているものなど多くの種類があります。デジタル式はカジュアルな雰囲気があるので、ビジネスシーンで使用する合わせる腕時計は、落ち着いた雰囲気のアナログ式の腕時計がオーダースーツには似合います。

ベルトの選び方

ベルトには、革製、メタル製、プラスティック製、がありますが、ビジネスシーンでのオーダースーツに合わせる腕時計のベルトは、革製で黒色がおすすめです。

オーダースーツに合わせる腕時計について

オーダースーツに合わせる腕時計は、ビジネスシーンで使用することから考えますと、アナログ式で体型に合わせたケースの種類やサイズから選び、文字盤はアナログ式でベルトは、黒色の革製がおすすめです。オーダースーツに合わせる腕時計をうけることは、ビジネスにおいて、相手に対する自身のイメージを表現することと相手に気を使わせない時間の確認方法として、必ず身に着ける必要があります。