信頼されるビジネスマンになるためのスーツの寿命UP術!

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 信頼されるビジネスマンになるためのスーツの寿命UP術!

信頼されるビジネスマンになるためのスーツの寿命UP術!

ビジネスマンのスーツ選びは年齢や役職に見合うかを考えるべきです。品質の高さを求めると価格が高くなるため、何度も買い替えるわけにはいきません。一度購入したスーツをいかに取り扱いお手入れしていくかがポイントになります。見た目で印象が決まるビジネスマンとして信頼されるためのスーツの寿命UP術について解説していきます。

スーツは消耗品である意識を高める

スーツは着用する度に消耗していく消耗品です。寿命UPを考えた場合、連続して着用しないことを心がけるのが望ましいです。1日着用し、2日は休ませるのがよいでしょう。ビジネスマンの場合は3着あれば十分対応できるはずです。また、クリーニングに出す回数もできるだけ少なくすることを意識しましょう。一般的には1カ月~3カ月に1回がよいとされています。機械でのプレスによって少なからず生地や芯地が傷んでしまいます。ウールやカシミアといった生地の場合は特にダメージを受けやすいことも覚えておいた方がよいでしょう。着用後にはクローゼットにしまう前にブラッシングをし、寿命UPを心がけるべきです。ブラシの素材は天然毛の馬毛や豚毛が望ましく、静電気が起こりにくく傷めることなくほこりを落とせます。ガムテープや粘着シートは生地を傷めるリスクがあるため、あまり使用しない方がよいです。

また、帰宅後にはポケットのものを出す習慣を身に付けましょう。ポケット周辺の生地が伸びてしまうのを避けるためです。木製のハンガーを使用すれば、湿気と静電気を防ぐ効果があります。スラックスは逆さまにして吊るすようにしましょう。ちょっとした工夫によって寿命UPにつながります。日々の生活のなかでお手入れをする習慣を身に付けていくのが肝心です。

生地によって異なる寿命の長さ

スーツの寿命の長さはどの生地を採用しているかによって異なります。天然素材の場合は毎日のお手入れが必要で、化学繊維は丈夫であるものの特有のテカリがあります。繊維が細くなると繊細になってお手入れが必要となる意識を高めた方がよいでしょう。

高価なスーツである方が高い質を維持していきやすいものの、繊細な対応が必要になります。さらに、傷む原因は人それぞれ異なることも覚えておいた方がよいでしょう。営業マンの場合はシワが寄りやすい時間が多くなり、デスクワークが中心の方はテカリが発生しやすいです。日々の行動や仕事環境によっての個人差があるため、それぞれに適したお手入れを心がけるようにしましょう。

出先での着用における注意点

出先でスーツの着用する機会が多い場合、持ち運びやたたみ方に注意しないといけません。圧縮袋を利用する、あるいはシワになりにくいたたみ方をするといった対応が必要となります。荷物とのバランスを考えての収納をするのが望ましいです。また、ハンガーをかける機会もあるからこそ、サイズに適したハンガーも持ち運んだ方がよいでしょう。

帰宅してハンガーに掛けておけば何もかも解決するわけではありません。日々の生活でほんの少しお手入れをすることで寿命UPは可能です。生地を傷めず形を崩さず、しっかり休ませてメンテナンスを行うことを意識しましょう。

まとめ

スーツの寿命UP術は何も特別なことをするわけではありません。それぞれで異なる傷む原因を把握したううえで改善に努め、日々の生活のなかでお手入れをする習慣を身に付けるのがポイントです。何着も気軽に購入できないからこそ、一度購入したものの寿命を延ばすことを前提として考えるのが望ましいです。シルエットの美しさは相手に好印象を与え、ビジネスマンとして信頼される理由にもつながります。何をすべきか、さらに何をしてはいけないかを理解して対応していきましょう。