TPOに合わせて選ぶ!ビジネスシューズの種類について解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > TPOに合わせて選ぶ!ビジネスシューズの種類について解説

TPOに合わせて選ぶ!ビジネスシューズの種類について解説

ビジネスマンにとって、ビジネスシューズは自分の印象を決める意味でも、重要な要素が含まれています。TPOに合わせて選ぶことで、出来る男を演出することができるでしょう。今回は、TPOに合わせて選ぶために、ビジネスシューズの種類について解説していきます。

ビジネスシューズには内羽根式と外羽根式がある

革靴には、内羽根式と外羽根式があり、それぞれの特徴を事前に理解しておくことが重要です。靴紐を通す穴のことを羽といい、内羽根式は甲の部分の下に羽根が潜り込んでいる様式のことを指しています。

内羽根式の特徴としては、甲の部分で固定されていることから、靴紐による締め付けの調整がし辛い分、見た目がスッキリしていて、上品な印象を相手に与えることができるという点です。

そのため、TPOに合わせて選ぶのであれば、フォーマルなシーンで活用することができるビジネスシューズの種類になります。

外羽根式の特徴としては、羽根が外で開いているため、自由に動かせるようになっていることから、靴紐の締め付けの調整がしやすく、サイズを調節して足にフィットさせることが可能です。

TPOに合わせて選ぶのであれば、毎朝の通勤や営業で動き回る方におすすめのビジネスシューズの種類になります。

社会人として、どのようなビジネスシューズを履けばいいのか、悩んでいる方がいれば、内羽根式の方が無難に様式になっているのでおすすめです。

ビジネスシューズの種類を紹介

ビジネスシューズの種類は、それぞれ形状など特徴が異なることから、TPOに合わせて選ぶことが大切です。まずストレートチップは、つま先の部分が横一文字のラインが入っているのが特徴になります。

革靴は履いている時間が長いほど、シワが増える傾向にありますが、ストレートチップは、横一文字の切り替えがあることから、つま先にシワが寄りにくいのが魅力です。

プレーントゥは、つま先に何も装飾されていない革靴で、デザインがシンプルであるのが特徴になります。そのため、無難なビジネスシューズを探している方はおすすめです。

モンクストラップは、バックルで留めるストラップで締め付けを調整する種類で、靴紐を締めないビジネスシューズとして、珍しいタイプになります。

ウイングチップは、つま先の部分の切り替えがW字のラインに沿って縫い付けられているのが特徴です。穴飾りとしてメダリオンやパーフォレーションといったデザインが施されていることが多く、カジュアルな印象があります。

そのため、TPOに合わせて選ぶのであれば、ビジネスシーンには向いていないビジネスシューズの種類といえるでしょう。

ペニーローファーは、靴紐がなく着脱が容易に行えるビジネスシューズになっています。サドルストラップの切れ込みが甲の部分を覆っていて、カジュアルな雰囲気があるのが特徴です。

そのため、TPOに合わせて選ぶのであれば、ビジネスシーンといった、少し堅い雰囲気のある場では使用しにくいでしょう。

デッキシューズは、靴底にラバーソールが使用されていて、表面の生地に光沢のないスエードが使用されていて、カジュアルな雰囲気があります。ビジネスシーンでは使いにくいため、TPOに合わせて選ぶことが重要です。

まとめ

ビジネスシューズの種類は、細かく分けると複数あるため、自分の好みとしてだけではなく、TPOに合わせて選ぶことが大切です。

カジュアルな雰囲気のビジネスシューズを選ぶと、オシャレではありますが、ビジネスシーンには合わない可能性があるため、選ぶ時には注意しましょう。

また内羽根式と外羽根式とでは、特徴が異なることから、使い勝手も変わります。どちらのタイプがいいか、履き心地を実感してから決めるのもいいでしょう。

ビジネスシューズは、TPOに合わせて選ぶことが大切なので、自分なりに雰囲気を壊さないように選んでみてください。