お受験スーツの事前確認ポイント|ビジネスシーンとの違いとは

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > お受験スーツの事前確認ポイント|ビジネスシーンとの違いとは

お受験スーツの事前確認ポイント|ビジネスシーンとの違いとは

お受験の主役は子供であるものの、父親のスーツ姿も面接官は見ています。母親よりも父親の服装はいつもの生活がそのまま出てくることを面接官は熟知しているからこそ、気が緩まないようにしないといけません。普段の仕事用のスーツだから大丈夫と思うのは早計です。子供の人生を左右する大事な面接で失敗しないための事前確認ポイントを熟知して対応しましょう。

スーツは新調する必要なし

お受験用にスーツを新調するのは確実な方法ではあるものの、無理に新調する必要はありません。問題となるのはビジネスシーンで適切な着こなしができているかです。まず、身体に合っているか確かめてみましょう。大きすぎても小さすぎても余計なシワが出てしまいます。

さらに、ヨレや汚れやくたびれなどで汚れていないか、今一度確認しましょう。落ち着きのある色や柄であることも大切です。暗い紺色や灰色で無地であれば問題ありません。お受験は父親が個性を主張する必要は何もありません。オシャレ感が出過ぎていない、だらしない印象になっていないかは事前確認ポイントです。誠実さが面接官に伝わるように努めるようにしましょう。

スーツ以外の事前確認ポイントとは

スーツはフォーマル仕様となっていても、ほかのポイントで油断してしまう方も少なくありません。シャツは定番の無地の白を選択しましょう。お受験には不向きのボタンダウンは避けるのが無難です。印象を左右するネクタイは地味なカラーやデザインのものを選択するのが望ましいです。個性的で派手ネクタイは選択すべきではありません。

靴下は肌の露出を避けるために丈が長めのものを選択しましょう。色はダークカラーで統一感を出すのが望ましいです。明るいカラーは浮いてしまうのがウィークポイントになります。もちろん、汚れやヨレも事前確認ポイントです。靴はフォーマルな印象の靴を選択し、ベルトの色と合わせるのがマナーです。また、スリッパも足の指先が見えないものを選択しましょう。

服装で第一印象が決まる

面接の受け答えが100点であっても、第一印象が決まる要素は服装です。お受験スーツの事前確認ポイントを熟知し、面接官に好印象を与えるようにしましょう。面接官は何も高価なスーツを身にまとっているかをチェックしているわけではありません。お受験の場に相応しい服装であるかをチェックしています。ビジネスシーンに適したスーツを着用していれば基本的に問題ないものの、肝心となるのは本当に正しく着用できているかです。

普段の着こなしに問題があればお受験の面接でマイナス評価につながってしまいます。無難をテーマに取り組むのはもちろん、服装に問題がないかを事前確認しておいた方がよいでしょう。第一印象の良し悪しで子供の人生を大きく左右する可能性もないわけではありません。家庭環境を判断する材料となるのは父親の服装であることを強く意識しましょう。自信を持てる服装で面接に臨めるようになれば、少なくとも父親の存在がマイナスになることはなくなります。主役である子供の存在が引き立つようにするのはご両親の役目です。父親としてどういった服装で面接に臨むべきかを今一度考え、万全の体制を整えましょう。

まとめ

お受験スーツの事前確認ポイントは多岐にわたっているものの、何も難しいものではありません。スーツの着こなしとして問題がないか、フォーマルな場に相応しいかが重要となります。普段の着こなしに問題があると判断した場合、面接当日までに改善をしましょう。個性的である必要は何もなく、地味ながらも落ち着きのある装いであるかが注目点です。第一印象が悪くならないこともしっかり頭に入れての対応をしましょう。家族全員で事前にいかに準備をしてきたかが見られるのが面接の場となります。