快適な夏スーツは、通気性と清涼感のある素材の使用がポイントです。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 快適な夏スーツは、通気性と清涼感のある素材の使用がポイント

暑い夏にうれしい快適夏スーツとは

今年の夏も例年になく暑い日が続いていて熱中症が心配ですが、このような暑い中でもビジネスの常識ではスーツを着ることが必須となっています。このように暑い中、夏でも着ることができる快適な夏スーツについて考えてみます。

暑い夏にうれしい快適夏スーツの生地・素材のポイント

夏スーツに快適性を持たせるには

夏向けのスーツに快適性を持たせるには、生地を薄くして風通しを良くすること、体感気温を下げることができる機能素材生地を使ったもの、など他の季節とは異なる生地や素材で工夫する必要があります。

夏スーツ向けの生地や素材

夏向けのスーツを快適にするためには、オフィス外とオフィス内とで向いている生地や素材が異なります。それぞれについて、生地や素材をあげてみます。

オフィス外で使用する夏向けのスーツの生地や素材

アンゴラ山羊の毛のモヘアは、強い張りとコシと光沢感が特徴的で、光に反射した光沢感が夏スーツとしての清涼感を与えてくれます。
山羊の毛を細く撚った生地のサマーウールは、通気性と清涼感とで着心地がさらっとしていて、夏向きスーツとしておすすめです。
吸水速乾性が優れている機能素材のクールマックスは、通気性が抜群のため夏スーツとして最適です。

オフィス内で使用する夏向けのスーツの生地や素材

夏スーツの定番の天然繊維のコットン生地は、吸湿性、保湿性、通気性、と非常に優れており、肌触りが良いのが特に快適で人気の生地となっています。
多くのシャツの素材として使われているリネンは、吸水性がコットンの4~5倍と優れており、水分の発散性と清涼感は他の生地にない快適性を与えてくれます。
トロピカル素材は、トロピカルクロス生地というウールが使われているのですが、亜熱帯付近で使われていたという歴史を持つ生地なので、日本の暑い夏を乗り切る夏スーツとしては最適な素材です。

暑い夏にうれしい快適夏スーツのまとめ

暑い夏を快適に過ごすための夏スーツの特徴としては、生地や素材がポイントとなります。
オフィスの外で活躍する、山羊の毛から作られたモヘアやサマーウール、機能素材のクールマックなどが使用されています。
また、オフィス内では、コットン、リネン、といった定番の素材やトロピカルクロス生地を使ったものまで幅広く使用されています。