結婚式で着ても良い?ストライプスーツの着こなし術

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 結婚式で着ても良い?ストライプスーツの着こなし術

結婚式で着ても良い?ストライプスーツの着こなし術

オシャレな雰囲気を演出することができるストライプスーツですが、結婚式のフォーマルシーンで着ても問題ないのでしょうか。今回は、結婚式の際に、ストライプスーツを選択する場合の着こなし術について解説していくので、参考にしてみてください。

格式が高い結婚式では避けるのが無難

結婚式で着ていくスーツに悩んでいる場合は、結婚式の会場で判断するのも一つの手です。ホテルウエディングや神社挙式など、格式の高い会場では、最礼装か準礼装が基本であるため、ストライプスーツといった柄が入っているスーツは避けた方が無難でしょう。

一緒に結婚式に参加する人がいれば、どのような服装にするのか、合わせた方が結婚式の雰囲気を壊すことがないのでおすすめです。

他にも、上司といった目上の方の結婚式に参加する場合も、ストライプスーツは避けた方がいいでしょう。その場合は、黒のシンプルなスーツに、白やグレーといったネクタイを着用するのが、マナーとして大切です。

ストライプスーツはオシャレですが、格式が高い結婚式など、状況によって着こなしを変えることが対応として重要になります。

カジュアルな結婚式にストライプスーツを着用

結婚式に柄が入っているストライプスーツは、絶対に着用してはいけないという訳ではありません。カジュアルな結婚式の雰囲気であれば、オシャレな着こなしが可能なストライプスーツを着用しても大丈夫です。

レストランウエディングや二次会といった、フランクな環境下であれば、ストライプスーツを着ていても、違和感はありません。

むしろ仲間内での結婚式であれば、フォーマルスーツよりもストライプスーツを格好良く着こなす方が、華やかでおすすめです。

ただ結婚式の服装に指定がある場合などは、ストライプスーツの着用も厳しいので、状況に合わせてストライプスーツを着用するか判断するようにしていきましょう。

結婚式に着ていくストライプスーツとは?

ストライプスーツを結婚式で着こなすためには、デザイン性を意識することが大切です。太いストライプ、コントラストがハッキリしているストライプスーツは、着こなしの難易度が高く、コーディネートが難しいので、避けた方がいいでしょう。

結婚式の場では、細いストライプで上品に着ていく方が、フォーマルシーンの着こなしとしてはおすすめです。

特にピンストライプと呼ばれる、点線のような細いストライプであれば、スマートな印象を与えることができるので、結婚式の雰囲気にマッチします。

他にも、光が当たるとストライプが浮かび上がるシャドーストライプも、オシャレに着こなすことができるので、試してみるといいでしょう。

さりげないストライプは、どのような場面でもオシャレで上品な印象を与えることができるので、ストライプスーツの着こなしとして、センスがいいのが特徴です。

ストライプのコントラストについては、濃いグレーにシルバーのストライプなどがおすすめになります。スタイリッシュで大人の雰囲気を演出することができるため、フォーマルシーンでも綺麗に着こなすことができるでしょう。

素材選びにも注意して選択していけば、ストライプスーツは、色々と工夫することができるので、組み合わせを考えてみてください。

まとめ

結婚式のようなフォーマルシーンでも、ストライプスーツの種類によっては、綺麗に着こなすことで、オシャレな雰囲気を演出することができます。

ただ格式が高い、ホテルウエディングや神社挙式では、柄が入っているスーツでは、悪目立ちしてしまう可能性があるので避けた方がいいでしょう。

カジュアルな結婚式でも、ストライプスーツの着こなしには注意する必要があります。太いストライプなどは着こなしが難しいので避けて、細いストライプでスマートな着こなしをすることが大切です。