スーツに合わせるシャツ選びをシチュエーション別で徹底解説

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツに合わせるシャツ選びをシチュエーション別で徹底解説

スーツに合わせるシャツ選びをシチュエーション別で徹底解説

スーツを正しく着こなすためにシャツ選びは大きなポイントになります。コーディネートの中心にもなるアイテムで、周りと差が付くように意識した方がよいでしょう。シチュエーション別で適したシャツ選びについて解説していきます。ルールに則った組み合わせを意識し、ワンランク上コーディネートを実現しましょう。

3種類のシャツの特徴について

ビジネスシーンで適したシャツとなるのはワイドカラー、ボタンダウン、カッタウェーの3種類です。ワイドカラーは首周りがスーツキリと見えてフォーマルな位置づけのシャツとなります。ボタンダウンは襟の先端がボタンで固定されており、カジュアルな位置付けのシャツとなります。ノーネクタイでの着こなしやカジュアルな場でも着用に適しているのが特徴です。カッタウェーは細身のスーツとの相性が抜群で首周りがスーツキリと見えます。第一ボタンを開けても襟の立体感が保てるからこそ、ノーネクタイで着用される方が多いです。

どの種類を選択するかはスーツに合うかはもちろん、相手に与える印象を考慮した方がよいでしょう。そして、どの種類を選択するにしてもまず色は白を選択するのが無難です。清潔感や誠実さを強調し、バリュエーションも広がります。さらに、経済的にも優秀な色であるのも注目すべき点です。ロンドンストライプやギンガムチェックといったベーシックな柄でコーディネートしていくのもおすすめです。

ジャストサイズのシャツを選ぶコツ

スーツに合わせるシャツ選びで重要な要素となるのはジャストサイズであるかです。首周りのサイズはちょうど指1本分入るのが理想的です。袖丈はジャケットから1.0~1.5cm見える長さに調整し、胸周りや胴回りはヌード寸+10cmがよいでしょう。

タイトすぎると生地のよさを表現しにくくなり、必要以上にシワになってしまうのも難点です。そして、既製品ではジャストサイズは限界があります。体型に合わせて作れるとともに、見た目のキレイさや動きやすさが両立するオーダーシャツを選択するのがおすすめです。スーツに合わせるにあたってもオーダーシャツなら色や柄も選択しやすくいです。

シチュエーション別シャツ選び

結婚式やパーティーなどのほかと差をつけたおしゃれを楽しむ場合はウィングカラーが適しています。ビジネスシーンにさりげないおしゃれを演出するにあたってはボタンダウンカラーを選択しましょう。レギュラーカラーシャツはビジネスシーンに相応しいです。相手に安心感や堅実性を与えたい場合はグリーンやブラウンといった色を選択し、ビジネスシーンでは青や水色で知性のある表情を与えるのもよいでしょう。初対面の人に好印象を与えるにはピンクやイエローといった色で優しさや明るさを印象付けるのがおすすめです。

しかし、あくまでもスーツに合わせるということを忘れてはいけません。ジャケットやパンツを決めるとそのコーディネートのルールの沿って決まっていくものです。フォーマルかカジュアルのどの間に属しているかが注目すべき点となります。スーツとシャツの柄合わせをする場合は横幅を合わせない、そして柄の強度を合わせないことを意識しましょう。

まとめ

スーツに合わせるシャツ選びはシチュエーションによって考え方を考えないといけません。大きく分けるとフォーマルかカジュアルかです。さらに柄合わせをするにあたって基本を抑え、種類ごとの特徴も加味しての選択をしないといけません。ジャストサイズのシャツ選びができない場合はオーダーシャツを選択することも視野に入れた方がよいでしょう。基本を抑えての選択を心がければ、それぞれのシチュエーションで失敗することはなくなります。