レディーススーツ着用時に印象が変わるシャツマナーの基本を網羅

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > レディーススーツ着用時に印象が変わるシャツマナーの基本を網羅

レディーススーツ着用時に印象が変わるシャツマナーの基本を網羅

レディーススーツを着用するときに合わせるシャツ選びを間違えてはいけません。女性の場合はインナーのバリュエーションが豊富で、さまざまな選択肢があります。しかし、シャツマナーの基本を把握しておかないと悪い印象を抱かれてしまうかもしれません。よい印象を与えるためのシャツマナーを覚えておけば、レディーススーツを着用するときに失敗することはなくなります。

シャツマナーの基本はサイズを合わせること

レディーススーツを着用するときに絶対に忘れてはいけないシャツマナーはサイズを合わせることです。サイズが合っていないと美しく見えず、特にバスとサイズが合わないとシワが出やすくなります。ブラジャーを付けた状態でトップバストを採寸すれば問題ありません。バストが大きい方は袖丈が合わなくなる可能性があるため、サイズ直しも視野に入れた方がよいでしょう。

また、腕を曲げたときに袖口からシャツが少しだけ出るようにすればきれいにまとまります。ジャケットの質感と合わせて問題ないかをチェックするのも忘れてはいけません。シャツの襟は出すか出さないかは自由に選べるものの、ビジネスシーンでは開襟とレギュラーのどちらかを選ぶのがシャツマナーです。開襟は元気な印象を与えたい場合に適しているものの、胸元を開きすぎないように注意しましょう。レギュラーは真面目な印象を与えるのに適しているものの、体型が合うか合わないかのチェックをして選択すべきです。

基本のインナーは白いワイシャツ


レディーススーツを着用するときのインナーの基本は白いワイシャツです。白いワイシャツは透けやすいため、肌着を着用するのがシャツマナーとなります。ボタンダウンのシャツはカジュアルシャツとなるため、職場によっては悪印象を与えることになりかねません。フリルブラウスやフリルシャツはカジュアルがOKの職場であるのなら問題ありません。おしゃれさを出したい場合に適しているといえます。ボウタイブラウスは柔らかな印象を強調し、パンツスーツと合わせやすいのが特徴です。

また、インナーの色もスーツと統一することで華やかな印象に映ります。黒スーツのインナー黒の服を選ぶと喪服の印象に映るのが注意点です。女性らしさを引き立たせるためにアクセサリーで華やかさをプラスなどの工夫が大切です。シフォンブラウスは女性的な柔らかい曲線が生まれて優しい印象を与えます。白色は汗染みや皮脂汚れが目立ちやすく、洗濯を徹底して清潔感を大切にするのがシャツマナーです。

TPOをわきまえた大人の女性の着こなしを目指す

レディーススーツを着用する際のシャツマナーはそれぞれの職場や職業によって若干の違いはあるものの、基本を理解しての対応をすれば問題ありません。TPOをわきまえた大人の女性の着こなしを目指すのは面倒と思う方もいるものの、シャツマナーを守ることでよい印象を与えることができます。男性と比較するとシャツマナーは確立されていない部分も多く、独自のルールが適用されることを覚えておいた方がよいでしょう。

美しくレディーススーツを着用するためにはシャツから整えていく必要があります。既製品ではピッタリ合うシャツが見つからない場合はオーダーメイドで作るのがよいでしょう。思い通りの印象を与えることにもつながっていきます。

まとめ

レディーススーツを着用する際にどのシャツを選択するかで相手に与える印象は変わっていきます。サイズを合わせて白いワイシャツを選択するのが基本です。そして、与えたい印象を加味しての選択をしていきましょう。それぞれの職場や職業によって独自のルールが適用されるため、おしゃれを優先する場合は事前に確認しておくべきです。美しくレディーススーツを着こなす大人の女性を目指すにあたって、シャツマナーの基本についての理解は必須となります。