スーツのお手入れの基本は?たった3つの方法で綺麗に長持ちさせる

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツのお手入れの基本は?たった3つの方法で綺麗に長持ちさせる

スーツのお手入れの基本は?たった3つの方法で綺麗に長持ちさせる

スーツは日頃からこまめにケアをしていなければすぐに悪くなってしまいます。決して安い衣類ではありませんので、少しでも長持ちしてくれた方が良いものです。 そこで、これだけは最低限しておくべきなお手入れの基本3つを紹介していきます。

ブラッシングで綺麗に

スーツのお手入れの基本の3つのうちの一つに「ブラッシング」があげられます。ブラッシングは、繊維の細かい隙間に入り込んでいる汚れまで落とし、綺麗に保てます。仕事で屋外を歩いていると、花粉がついていたり、細かい汚れやホコリがついてしまったりします。それらの汚れを取り除き、さらに汚れが取れて通気性がよくなるため、光沢が出てくれる利点もあるのです。

ブラッシングしても、その場ですぐに効果が実感できるかといえば、実はそうでもありません。よく言われているのは、ブラッシングをしている場合は1年から2年後ぐらいにその効果が実感できるということです。こまめにブラッシングをしていると、毛玉が全然ないなど、明らかに見た目が綺麗な状態で保たれます。

ブラッシングは、ブラシを横向きにして上から下に向けてかけます。力は入れる必要はなく、着るたびにブラッシングをするのが良いですが、難しくても3回に1回くらいの頻度でかけるだけでも良い状態が保たれます。

アイロン掛け、スチームでこまめなケアを

スーツにアイロン掛けやスチームをしてお手入れするのは、綺麗に長持ちさせるのにとても大切なケアです。アイロン掛けをこまめにするのは面倒と思うかもしれませんが、様々なメリットがあるので、定期的にされる事をおすすめします。

生地に気づいたら穴が空いている事があるかと思いますが、それは小さな虫が原因である事が多いです。しかし、こまめにアイロン掛けをする事で、虫やその虫の卵を殺虫し、綺麗な状態を保てるようになるのです。もちろんシワを伸ばす効果がありますのでクリーニングの回数は減りますし、雑菌を死滅させる事で消臭効果にも期待できます。

スチームを使うと、短時間でアイロン掛けできます。ジャケットはハンガーにかけるなどしてスチームを当てやすくし、シワの目立つ部分は重点的に行うようにしましょう。スチームをなじませたら、シワはいろんな角度に引っ張って伸ばします。スチーム後は熱や湿気がジャケットに残っていますので、ハンガーなどにかけて冷ましてあげると完成です。

プレスで形を整える

スーツのお手入れの基本の3つの中でも、特に見栄えに影響するといっても良いのが「プレス」です。これは、形を整えるのに非常に大切なケアです。主にズボンにされるケアで、小股の部分は細かいシワができたり、センターラインが薄くなったら格好悪く見えたりと、ズボンはすぐに見た目が悪くなります。

そのため、アイロンを使ってズボンの形を整えてあげる必要があるのです。しっかりと折り目を確認してプレスしていかなければ、本来ないシワを付けてしまうことになりますので、折り目などを十分に確認した上で行っていきましょう。

まとめ

スーツのお手入れの基本3つ、ブラッシング、アイロン掛け、プレスは、できる限りこまめにするのが望ましいです。

スーツのお手入れを日頃からしていると、クリーニングに出す回数は減りますし、生地そのものも長持ちします。毎日お仕事をしながらお手入れの基本3つを実践していくのは大変かもしれませんが、見た目をよくする効果もありますので、ある意味ビジネスマナーの一つとも言えるでしょう。