スーツスタイルは周辺のアイテムを把握したトータルの合わせ方です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > スーツスタイルは周辺のアイテムを把握したトータルの合わせ方

スマートなスーツスタイルを目指そう

ビジネスマンには制服といわれるように着られているスーツですが、スマートに着こなすスーツスタイルを実践されている方はどれほどいるでしょうか。
やはりスーツを着るからには年代あるいは体型にフィットしたものを着用することによって魅力が出てくるものです。
ここではスマートなスーツスタイルについて考えてみましょう。

スーツスタイルのNGなもの

スーツの選び方

スーツスタイルのスマートさを一番左右するのがスーツ選びです。
だぶだぶでぶかぶかなスーツは論外ですが、微妙に体に合っていないスーツも致命的なもので、ディテールが大切です。

ネクタイの締め方

スーツにネクタイはつきものですのでネクタイは絞めていればよいという考えで、ネクタイの小剣先の方が長いといった絞め方をする場合もありますがこれは誤りで、ネクタイはラペルの幅より広く、ネクタイの剣先はウエストラインのちょうど上ぐらいに合わせることが大切です。

アクセサリーの選び方

スーツスタイルのアクセサリーには、ネクタイピン、ポケットチーフ、カフスボタン、ラペルピン、ベルト、時計、などがありここぞとばかりにいろいろなアクセサリーをつけているケースもありますが、これは誤りで、アクセサリーは3つぐらいにまとめるのが大切です。

シャツの選び方

スーツの下に着ているシャツなどは清潔感があればそれでよいとする意見もありますが、袖の長さが長すぎるのも格好が悪いですし、ぶかぶかあるいはピチピチのシャツを着るのもスマートではありません。
大金をかける必要はありませんが、体型にフィットしたシャツを選ぶことが大切です。

靴の選び方

スーツやシャツはアクセサリーの着こなしは抜群なのに、足元の靴がミスマッチというケースがあります。
スーツスタイルをスマートに決めるためにも靴選びが重要です。

スーツをうまく着こなすスーツスタイル

スーツをスマートに着こなすためのスーツスタイルは、ネクタイ、アクセサリー、シャツ、靴、といったそれぞれのアイテムの役割を把握し、いかにすればスマートな仕上がりになるのかを確認しながら、トータルでのバランスを見ながら選んでいくことが大切です。