オーダーメイドでベルトを作る!スーツ姿の印象が変わる小物術

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダーメイドでベルトを作る!スーツ姿の印象が変わる小物術

オーダーメイドでベルトを作る!スーツ姿の印象が変わる小物術

スーツにこだわってオーダーメイドで作るのは個性を引き立たせる理由になります。しかし、ベルトをはじめとした小物に無頓着である場合も少なくありません。できるビジネスマンは小物にもこだわってオーダーメイドしています。スーツ姿のときにベルトがどういった意味をもたらすのか、そしてオーダーメイドするにあたってのポイントについて解説していきます。

コーディネートに統一感が生まれるかを意識

オーダーメイドでスーツを作るときに小物をはじめとしたベルトもこだわるべき理由はコーディネートに統一感を生まれさせるためです。靴やカバンの色と合わせるのが基本であり、ビジネスシーンやフォーマルシーンでは黒い革が一般的となります。どの色のスーツにも合わせやすく、スタイリッシュな印象を与えることができます。ダークブラウンを選択すると落ち着きのある雰囲気を残しながら明るさの演出となり、ライトブラウンやキャメルはファッショナブルな印象を与えるものです。

大事な商談があるときやクライアントと会う約束がある場合は黒で統一するのが無難です。派手すぎる場合は職場によってはそぐわないケースもないわけではありません。ビジネスシーンで着用する場合はシンプルなデザインであることを心がけるようにしましょう。また、本革を選択して安っぽく見えないようにするのが大切です。耐久性と見た目が優れる本革は毎日スーツを着るビジネスマンにとって重宝できるアイテムとなります。

ベルト選びで重要となる幅と長さについて

ベルトの幅が合わないとバランスが悪くなってジャケットを脱ぐときに目立ってしまいます。たった1cm違いだけでも見た目が変わってしまうため、汎用性の高いものを重宝するのが望ましいです。最も一般的な3cm~3.5cmを選択すればまず問題ありません。カジュアル寄りにしたい場合は4cmを選択しましょう。長さは穴が5つ空いているものを選択し、3番目の穴に調整するようにしましょう。自分が合わせやすく調整がしやすいものを選択する意識も高めた方がよいといえます。

ビジネスシーンでNGとなるのはバックルが派手で幅が広いもの、さらにメッシュやカジュアル感のつよいものです。スーツがビシッと決まっているにしても、小物がだらしなくならないようにしましょう。

オーダーメイドのベルトを長持ちさせる方法とは

せっかくオーダーメイドでベルトを作ったのにすぐに使えなくなってしまうのはできるだけ避けるべきです。長持ちさせるためには強く締めすぎないことをまず意識するのが肝心となります。ウエスト部分にシワがより、美しい着こなしができなくなるものです。パンツのサイズが合わない場合はまずパンツのサイズ調整をした方がよいでしょう。汚れがついてしまった場合は保革用液体クリームで汚れを取っていきましょう。防水スプレーをかけておくことで汗を吸いにくくなり、汚れやシミがつきにくくなるものです。

最高のベルトを作ることができたとしても消耗品である以上、できるだけ長持ちさせることを考えるのが基本となります。スーツ姿をより引き立たせるための重宝できるアイテムとするためには、劣化を防いで長持ちさせるようにしましょう。

まとめ

スーツ姿の印象を決めるのはスーツやシャツといった主役だけではありません。名脇役となる小物もどういった印象を与えるかの大きなポイントになるのは間違いありません。コーディネートに統一感が生まれるかを考え、そして幅と長さを合わせていきましょう。どういった選択をすべきか分からない場合はプロに相談をした方がよいでしょう。そして、できるだけ長持ちさせるために日々の手入れを行い、無理をして使用しないようにしましょう。