靴とスーツとは緊密な関係がありシーンに合わせた選択が必要です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 靴とスーツとは緊密な関係がありシーンに合わせた選択が必要

スーツと靴の切っても切れない縁

スーツはそれぞれのシーンに合った服装をするのですが、その時にはく靴もシーンに合った靴を履くことになります。
スーツがいろいろなデザインがあるように靴にもこれまでの歴史を物語るようにいろいろなデザインがあります。
ここでは、靴のデザインの紹介をします。

靴の種類とデザインを掘り下げてみます

靴の種類について

靴の種類には、内羽式、外羽式、モンクストラップ、ホールカットなどがあります。
内羽式は、靴の本体と甲の部分が一体となっているもので、クラシックな印象があります。
外羽式は、靴の本体から甲の部分が独立していて、カジュアルな印象になります。
モンクストラップは、モンク(修道士)がはいていたためにこのような名前がついていて、脱ぎ履きがしやすい形状でカジュアルな印象です。
ホールカットは、一枚の革からできていてシンプルな造形で高級感があります。

靴のデザインについて

靴のデザインには、ストレートチップ、プレーントゥ、ウイングチップ、Uチップ、メダリオンなどがあります。
ストレートチップは、靴のつま先が一直線になっていて落ち着いた雰囲気のため冠婚葬祭に最適です。
プレーントゥは、つま先に装飾がないタイプで足元がシャープになるのとスーツのデザインを引き立たせます。
ウイングチップは、つま先のデザインが翼に見えるもので、クラシック調になります。
Uチップは、つま先の部分がU字になっていてカジュアルな印象を与えます。
メダリオンは、つま先に穴飾りがされたものでドレッシーな印象を与えます。

スーツに合う靴のデザインとは

シーンによりスーツに合う靴のタイプを見ていきますと、ビジネスには内羽式のストレートチップあるいはプレーントゥ、就職活動には無難な内羽式のストレートチップ、結婚式に参列する際には主賓より目立たないように内羽式のストレートチップ、結婚式の二次会であればモンクストラップやホールカット、法事や法要では必ず黒の内羽式のストレートチップ、デートにはホールカット、というようにシーンに合わせた靴選びを心がけましょう。