オーダーシャツ選びでポイントとなるボタンの種類別特徴を網羅

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダーシャツ選びでポイントとなるボタンの種類別特徴を網羅

オーダーシャツ選びでポイントとなるボタンの種類別特徴を網羅

オーダーシャツで生地や色を選ぶのは当然として、どのボタンを付けるかも意識した方がよいでしょう。特にビジネスマンはジャケットを脱いでワイシャツ姿となっている時間が長く、ファッションセンスをアピールできるポイントになります。ボタンを選択するにあたっては種類別特徴を把握することがよりよい選択につながっていきます。

オーダーシャツのボタンの種類について

洗濯耐用度強化ポリ、ホワイトパール、天然貝、コンビネーションが主にオーダーシャツに用いられるボタンの種類です。洗濯耐用度強化ポリはポリエステル樹脂でできており、洗濯に耐えるように強化されています。大量に作れて安価であるのがセールスポイントです。ホワイトパールは白蝶貝という貝殻から作られ、高級なオーダーシャツに適しています。光沢があって丈夫であるのも嬉しい要素です。天然貝は白蝶貝以外の貝殻から作られ、ひとつひとつで色や模様が異なります。おしゃれに仕上げられるとともに、着られる場面が限られてしまう可能性もあります。コンビネーションは異なる素材を組み合わせたもので、生地やデザインとの相性や着用シーンに合わせて素材を選択しないといけません。

それぞれのオーダーシャツのボタンの種類には異なる特徴があるのが分かるはずです。上品さや高級感、さらには清潔感やカジュアル感などの雰囲気や印象が変えていけて、存在感は小さいようで大きいです。ボタン単体で選択するのではなく、スーツやワイシャツとの相性も考えないといけません。もちろん、TPOに合わせた選択もすべきです。

縫い付け方も選ぶのがおすすめ

オーダーシャツのボタンは種類別の特徴を加味するのはもちろん、縫い付け方も選ぶのがおすすめです。既製品と同じ縫い付け方もできるものの、特別な縫い付け方も選択できます。千鳥掛けは手作業であるのが一目で分かり、見た目が優れている縫い付け方です。ひとつの穴から3つの穴に向かってステッチすることでボタン掛けが楽になります。何重にも糸を巻き付けて高さを作ることもできるのも大きいです。

縫い付け方や裏側の仕上げ方も大切であり、着心地にも影響してくる要素となります。ほかにも縫い付け方があり、オーダーシャツを作るときにテーラーと相談して決めるのが望ましいです。

単なるアクセサリーではない

オーダーシャツ選びで最も重要となるのは色や柄、そしてフィットするかであるのは間違いありません。ボタンについて考慮しない方も少なくないものの、単なるアクセサリーと認識するのは間違っています。アクセサリーとしての役割を担うとともに、体にフィットさせるための重要な役割を果たす部品です。美しさと機能面を兼ね備えた選択をすれば、よりお気に入りの1着に近づいていくはずです。

種類別特徴を把握しておけば、好みに合わせることができます。同じ生地で同じデザインのワイシャツであっても、ボタンの色や種類を変えると雰囲気や印象は大きく変わるからこそ、テーラーと相談のうえで決めていくのがよいでしょう。相手にどういった印象を与えるかが異なるため、非常に重要な選択となります。種類別特徴を理解して選ぶようにしましょう。

まとめ

オーダーシャツで最も重要なのは色や柄やフィット感であるものの、ボタンも相手にどういった印象を与えるかが変わる大きなポイントになります。それぞれの種類によって異なる特徴を把握し、どんな場面で着用するかも考えた方がよいでしょう。ワイシャツの持つ雰囲気や印象がガラッと変わり、その存在感は大きいです。単なるアクセサリーではなく、とめ具としての実用から装飾まで兼ねており、テーラーと相談のうえで決めていくのがよいでしょう。