センスいいネクタイ選びは、スーツとのバランスが大切となります。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > センスいいネクタイ選びは、スーツとのバランスが大切

センスいいといわれるネクタイ選びとは?

クールビズを除いて、スーツとネクタイとは欠かせない組み合わせです。
同じスーツを着ていてもネクタイの柄や色を変えるだけで、その人の印象が大きく変わる場合があります。
首の下につけるネクタイの選び方ひとつでその人のセンスが問われます。ここではセンスいいといわれるネクタイ選びについて考えてみましょう。

センスいいといわれるネクタイ選びのポイント

ネクタイ選びの基本とは?

スーツとネクタイとのコーディネートを考える場合には、見た目のバランスが大切です。
ネクタイだけが派手すぎる、反対にじみすぎるとかといった極端に振れるのではなく、使用するビジネスシーンに合ったバランスを考えたネクタイ選びをします。
また、どのようなネクタイを揃えればセンスいいといわれるのかわからない場合には、店員に相談して自分の要望を伝えて選ぶことや、いわゆる定番と言われる無難なネクタイを選ぶということもいいのではないでしょうか。

ネクタイの色を選ぶポイントは?

センスいいといわれるネクタイの色について見てみますと、スーツとシャツとネクタイを同色系でそろえるのがポイントです。同色系なので全体のバランスがいいが落ち着きすぎると思われ場合には、ネクタイの色を濃い色にするといったメリハリで表現するのもありです。
ビジネスシーンによっては、相手に対してある程度のインパクトを与える、自分のモチベーションをあげる、といった場合には、紺のスーツに赤色のネクタイをするということもいいと思います。

ネクタイの柄を選ぶポイントは?

ネクタイは色だけでなく、柄の選択も重要な要素です。柄の選択でその人の個性やセンスが表現されます。無地の柄は基本ですが、素材の質感や織り方によっては大きく印象が変わります。ストライプ柄は、色の構成や幅によって印象が大きく変わってきます。ドット柄は、フォーマルでもビジネスでも使いやすい柄です。チェック柄は、カジュアルな印象を与えます。

センスいいといわれるネクタイ選びのまとめ

センスいいといわれるネクタイ選びの基本は、スーツとのバランスが大切で、ビジネスシーンで使うのか、フォーマルなシーンで使うのか、パーティーシーンで使うのか、といった使用するシーによって、ネクタイの色や柄の組み合わせを工夫することで、その人の個性が現れることになります。