ライトグレースーツはどうやって良く見せる?どこで着れる?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > ライトグレースーツはどうやって良く見せる?どこで着れる?

ライトグレースーツはどうやって良く見せる?どこで着れる?

一般的な黒や紺などのスーツとは違い、明るめで華美な印象のあるライトグレースーツは着こなしが大切です。
良くあるカラーとは違い、どちらかといえばカジュアルなデザインのため、少しでも良く見せるための工夫が必要になるでしょう。

ネクタイをアレンジして良く見せる

ライトグレースーツを良く見せる方法の一つに、ネクタイのアレンジがあげられます。ライトグレーはどちらかといえば膨張色であるため、その他のアイテムにより全体を抑えていくのが大切です。避けたいのは色味の強いシャツやネクタイを合わせてしまうことです。

全体的に色を抑え気味にしたいため、シャツは白などのシンプルなカラーにし、ネクタイも無地の紺色やネイビー、暗めの青などを合わせると良いでしょう。色味を抑えるために無地のアイテムを合わせていくと次は地味な印象になる事もあります。その場合は柄物のチーフをポケットに入れたり、やはりネクタイは柄物にしたりと、微調整しましょう。

着こなしをワンランクアップ

全体的にネクタイやシャツの色で抑え気味にするのは無難なコーディネートですが、よりライトグレースーツをオシャレに活かすのも良いでしょう。ビジネスシーンには使いづらいですが、ライトグレーには黒のシャツと黒のネクタイなどを合わせてグラマラスな演出もできます。黒シャツであれば、グレーのネクタイで色味の違いを出すカラーコーディネートもおすすめです。

さわやかさを出す方法としては、薄いピンク色のシャツと柄物のネクタイといったコーディネートも良いでしょう。ライトグレーは色物のシャツとの相性が意外に良く、ブルーのシャツやグレーのシャツとも合います。

小物で印象を変える事もできます。例えば、ライトグレーのスーツに合わせるよう、シューズは黒やライトブラウンなどがおすすめです。ただ、ライトグレーのスーツは少なからず派手な雰囲気があるため、商談などのビジネスシーンにはあまり向かないタイプでしょう。シチュエーションにあって着こなす事をおすすめします。

ビジネスシーンで使えるライトグレースーツは?

ライトグレースーツはビジネスシーンで使うのは少々難易度が高いです。しかし、ライトグレーから少しブラックに寄せていったカラーであれば、ビジネスシーンでも着こなす事も可能になってきます。例えば、グレースーツにグレーの無地のネクタイに白シャツで、スーツの色がややブラックに近いライトグレーであればビジネスシーンでも活用できるでしょう。

デザイン次第でビジネスの場でも着こなす事はできなくありませんが、やはり日本ではやや馴染みがあまりないように感じられるでしょう。日本でも着用されている方はいるでしょうが、どちらかというと役職者や経営者などの立場の方々である方が、そのようなコーディネートをしやすいでしょう。あるいはファッション業界などカジュアルな業界にお勤めの場合であれば、その他の業界よりもこういったスーツで働きやすいです。

まとめ

ライトグレースーツを良く見せる方法はネクタイやシャツとの合わせ方が重要になります。しかし良く見せるとしても、やはり業界によってビジネスシーンに合わせづらいタイプのスーツではあります。ファッション業界などカジュアルな業界であればオシャレの一つとして着こなせる事でしょう。どのようにして良く見せるか考える事も大切ですが、シチュエーションをわきまえて着用するように心がけましょう。