高い生地と安い生地の違い|復元力、織り糸、繊維の細さがカギ

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 高い生地と安い生地の違い|復元力、織り糸、繊維の細さがカギ

高い生地と安い生地の違い|復元力、織り糸、繊維の細さがカギ

スーツにこだわり持って選ぶ場合、よい生地の特徴を理解しておく必要があります。高いか安いかでどういった違いがあるのかはいくつかの要素からチェックできます。ビジネスマンにとって質の高いスーツを着ることは相手に好印象を与える理由にもなるものです。これからスーツ選びをするビジネスマンが頭に入れておくべきポイントについて解説していきます。

タグの見方について

高い生地と安い生地の違いを見極めるためにはタグの見方を身に付けるのが肝心です。Super表示は糸の太さや原毛の細さを表しており、数字が大きくなるとより細い繊維を使用している証明になります。柔らかくて肌触りのよいスーツに仕上げる条件といっても過言ではありません。目付や番手は重さとどういった糸で織ったのかを示すものです。丈夫さや光沢感を知ることができる要素となります。タグをチェックすれば、高い安いが把握できるといっても過言ではありません。

そして光沢、柔らかさ、ストレッチ性の3つの要素に注目しましょう。これらの3つの要素を確認するためには手に取ることが大切です。光沢は同色のスーツと見比べると違いが分かります。柔らかさはソフトな感触であるかが重要です。さらに湿った感触があるかもチェックしましょう。ストレッチ性を確認するにはスーツの袖をつまんでシワがすぐに戻るかに注目した方がよいでしょう。復元力に優れていることは質の高さを示すものです。

高いか安いかでこれだけ違う

価格が高いスーツは腰回りの安定感があります。ベルトとパンツの間に適度な隙間があり、ずり落ちることを防止します。汗をかいたときの快適さの違いも大きく、汗を吸収してくれて快適な着心地を維持できるものです。さらに、長期間着用しても端部のヨレもなく、ポケットのフタやフロントカットが購入時のまま維持されます。肩と脇のハリの違いも大きな違いです。肩当てを覆っている生地にハリがなくなると動いたときの揺れが収まりません。肩当てが浮き出てしまうのも格好悪くなってしまう要因です。

生地の高い安いによっての違いは購入時には分かりにくいものです。当然ながらスーツは長期的に着用することを前提に購入し、高い安いによる違いは長期的に着用することで明確になっていきます。ビジネスマンの場合はビジネスシーンにおいてスーツを着用するのが当たり前であるからこそ、より質にこだわった方がよいでしょう。

ビジネスマンが選択すべきスーツについて

安い生地を採用しているスーツを選択しても粗悪品ではなく、継続的に着用していけるものです。しかし、着用していくなかで購入時よりも質は下がってしまうことを覚えておいた方がよいでしょう。高い生地を採用しているスーツの方が質の高さを維持していきやすく、相手に与える印象もよくなるものです。

スーツは高価な買い物であるため、簡単に何着も購入できるわけではありません。しかし、ビジネスマンはできるだけ買い替えないことを考慮して質の高さを重視した方がよいでしょう。ビジネスシーンで毎日着用するスーツは安かろう悪かろうで選択するべきではありません。高価なスーツを長期的に着用し続けるためにお直しをしながら買い替えずに大切にしていくべきです。

まとめ

生地の高い安いによっての違いは多岐にわたっており、長期的に着用するとより明確になっていきます。相手に与える印象や高い質を維持していくといった点を考慮した場合、ビジネスマンはできるだけ高価なものを選択した方がよいでしょう。タグをチェックしたうえで実際に手に取ることによって望むべく高い質のスーツを選択できるはずです。ぱっと見では分からない部分もあるからこそ、実店舗に足を運んでチェックした方がよいでしょう。