歴史上日本にスーツが広まったのは西洋と肩を並べるための仕掛けです。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 歴史上日本にスーツが広まったのは西洋と肩を並べるための仕掛け

日本人がスーツを着るようになったのは

日本人の服装としては、歴史上、和服がいわゆる制服としてされてきましたが、幕末から明治の初めにかけて、西洋文化に追いつこうとして欧米の服装を取り入れ始めました。
ここでは、現代では日本人の誰もが当たり前のようにスーツを着るようになった歴史と日本人との関係について考えてみましょう。

日本人におけるスーツの歴史について

スーツの起源

スーツの起源は英国からといわれています。農民服が燕尾服のような形で、そこから発展して軍服や貴族の服などになっていき、現代のようなビジネスにおける制服のような位置づけになってきた歴史があります。

日本にスーツが入ってきた時代

日本にスーツが入ってきたのは、歴史上、種子島にポルトガル人が鉄砲を伝えたときといわれており、日本人がスーツにネクタイを絞めるようになったのは、ジョン万次郎がアメリカ帰りにつけていたのが始まりといわれています。

スーツが現代のように着られるようになった理由

明治維新後の歴史上、国際社会と広くつながるようになってきた際、和服では動きにくい、また、スーツ姿の方がおしゃれであるといった仕掛けから広まっていき、日本人の手先の器用さから日本人の体型に合ったスーツが作られるようになり、一般大衆にまで広がっていきました。

男性とスーツとの関係

男性がスーツを着ると、女性にとっては格好良く見え人気の服装で、特にネクタイを絞めたり外したりするしぐさが好評です。
男性にとっては、制服としてビジネスマンには必須ですし、スーツを着るだけで相手からもきちんとしてみられるので、扱いやすい服装といった位置づけになっています。

日本人とスーツとの関係

日本人は、いわゆる制服を和服からスーツに変えていったのは、明治維新という歴史時点で、社会の仕組みの遅れを西洋と肩を並べていくための一種の仕掛けでした。