オーダースーツは、自分スタイルを表現するための最適な服装です。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツは自分スタイルを表現できる最適な服装

究極の自分スタイルを目指すオーダースーツとは

究極のオーダースーツは、既製品やイージーオーダースーツにはない自分スタイルを追求できるスーツです。自分スタイルとは、まず自分に合う色や柄やデザインのオーダースーツであること、自分にフィットしたサイズのオーダースーツであること、他の人とは異なる自分らしさが表現されているオーダースーツであることです。

できる男のスーツスタイルを目指すには

オーダースーツの自分スタイルはトータルバランスが鍵

クールビズでもラフに見えない着こなし方
最近は、夏向けの服装であるクールビズが浸透してきて、従来の画一化されたスーツスタイルから個々人それぞれの感性に合った服装を着用するようになってきています。クールビズでは、ノーネクタイが基本のために、どうしても首回りが締まらないことが多くありますので、ワイシャツの前立ての開きがきれいである、首回りに窮屈感がないようにするなど、着ている本人の自分スタイルが問われます。

アンダーウェアを見せない工夫

湿気の多い夏にアンダーウェアなしに直接シャツを着ると汗がにじんで印象が悪いのですが、シャツの下に着るアンダーウェアが見えてしまうというのはNGです。アンダーウェアを目立たなく見せるのも自分スタイル的に気を付ける必要があります。

シチュェーションに合わせたネクタイの選び方

ビジネスのシチュェーションに合わせてネクタイ選びが重要となってきます。思いが自分スタイルとして現れてくるものの一つにネクタイがあります。商談などの気合を入れる必要のある場合には黒色のストライプ柄に赤色のネクタイ、謝りを入れる場合にはグレーのスーツに青色のネクタイ、交流会には紺色のスーツにチェック柄のネクタイ、などの選び方があります。

シルエットが大切な足元

オーダースーツにはシャープでシルエットがきれいな靴が似合います。

オーダースーツで自分スタイルを確立しよう

オーダースーツは、自分スタイルにカスタマイズできるものとして、最適な服装です。基本的には、自身の体型にフィットしたものに仕上げるのですが、他人からこのように見えるようにしたい、自分のこだわりの色や柄にしたい、シーンによってシャツ・ネクタイ・靴・アクセサリーなどと組み合わせてみたい、といった自信を表現するための様々な組み合わせができ、オーダースーツを着る楽しみが湧き出てくるのではないでしょうか。