オーダースーツは、経営者と会社のイメージを決めるアイテムです。

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > オーダースーツは、経営者と会社のイメージを決めるアイテム

経営者が着るビジネスアイテムとしてのオーダースーツのこだわり

経営者にとって人と顔を合わせるのが仕事ですが、第一印象を決めるポイントは、制服ともいえるスーツです。特に経営者にもなると作り付けの既製服を着るというのではなく、ご自身の体型にあったオーダースーツを作られることが多いと思います。そこで、ビジネスアイテムとしての経営者にとってのオーダースーツへのこだわりについて考えたいと思います。

経営者のオーダーシーツの着こなしのコツ

印象を整える

会社のイメージが決まってしまうといっても過言でない経営者の第一印象ですが、ご本人の第一印象とあわせて会社の顔となりますので、会社をどのように見せたいかという観点から考えていく必要があります。他人に対して、いかに印象を整えるかがビジネスアイテムとしてのオーダースーツの選び方になります。

着こなしのコツのポイント

1つ目のポイントは、他の人がスーツ姿を見たときの印象的なのが肩のシルエットで、肩幅が体型に合っているかというのが重要で、肩が落ちていたり、肩が窮屈になっていたりすれば、印象が台無しになります。
2つ目のポイントは、ネクタイです。オーダースーツにコーディネートするために、色や柄やブランドを考えてしまい、それも重要な点ではありますが、ネクタイを結ぶ長さが、長くなったり短くなったりしていてはだらしないといった印象を与えてしまいますので、ネクタイの長さは、ベルトにかかる長さを守ることが必要です。
3点目のポイントは、シャツのサイズです。洋服の発祥のヨーロッパではシャツは下着という感覚なのですが、気候の関係から日本人はシャツの下に下着をつける習慣があり、クールビズなどでシャツ姿になる場合が多く、シャツのサイズが合っていないと、良くない印象を与えかねません。
4つ目のポイントは、オーダースーツ、ネクタイ、靴、かばん、ベルトといったトータルでの統一感を出すことによって、着こなしているという好印象を与えることができます。

経営者とオーダースーツのポイント

経営者にとってビジネスアイテムであるスーツは、体型に合わせて作るオーダースーツがポイントで、相手に与える印象に対してメッセージ性を持たせるために、スーツ、ネクタイ、靴、かばん、ベルト、アクセサリー、などを含めた統一感のある着こなしをすることで、好印象を与えることができるものです。