日本製と海外製のオーダースーツの着心地や耐久性はどちらが上?

銀座・表参道界隈のワンランク上のおすすめ高級オーダースーツ店10選 > お役立ちコラム > 日本製と海外製のオーダースーツの着心地や耐久性はどちらが上?

日本製と海外製のオーダースーツの着心地や耐久性はどちらが上?

オーダースーツを作る場合、日本製と海外製によって価格や品質が大きく異なることを覚えておいた方がよいでしょう。しかし、具体的にどういった違いがあるのか分からない方もいるかもしれません。 多少価格は高くても日本製のオーダースーツ着心地や耐久性のよさなど選択すべき理由は明確にあります。どういった違いがあるのかをひも解いていきます。

日本製と海外製の違い

日本製と海外製は見た目に大きな違いあるわけではなく、外見だけで判断するのは難しいです。しかし、見えない部分の仕立てや細やかな部分の差は明確にあります。
海外の工場で縫製した場合と比べると縫製の質が高く、細やかな部分も繊細に作れています。
さらに、袖もふんわりとした仕上がりで立体感があり、自然と体にフィットするのが魅力的です。
着心地がよくなることで丈夫でより長持ちすると考えて問題ありません。

既製品の場合は海外の工場で大量生産されており、使われる生地も安いものから高価なブランドものまでさまざまです。生地によって着心地や肌触りが変わっていきます。
日本製のオーダースーツは価格が6万円~20万円といった価格帯のものが多いです。
海外製と比べると価格設定は高めであるものの、スーツの仕上がりを左右する生地と仕立てのよさがあります。
本当に長く使えるスーツを求める場合、着心地や耐久性を左右する仕立てのよさは妥協すべきではありません。毎日スーツを着るビジネスマンは特に消耗品であるからこそ、着用可能期間を考えるとコストパフォーマンスに優れた選択となります。

デザインや質感を優先している海外製

海外製のオーダースーツはデザインや質感を優先し、おしゃれな見た目にこだわりたい場合に適しているといえます。
毎シーズン新デザインが提案されており、好みのデザインを選択することはそう難しくはありません。日本製のオーダースーツは仲介流通を極力省き、高品質な製品を手頃な価格で購入できるのが魅力的です。それぞれのライフスタイルにフィットする機能性の高い1着をオーダーできるのは毎日スーツを着るビジネスマンにとって求める要素であるといえます。

日本で作られたものは着心地や耐久性を重視しており、毎日スーツを着るビジネスマン向けのものです。一度店舗で採寸して体のサイズを登録することで、オンラインでも自分にぴったりの1着を作れる店舗も少なくありません。

安価なスーツを着つぶすよりも経済的

日本製のオーダースーツは初期費用がかかるのがネックではあるものの、その分長く愛用できるセールスポイントもあります。
安価なスーツを着つぶして何枚も購入するよりも長い目で考えると経済的であるのは間違いありません。既製品の場合は微妙なサイズの違いから着心地の悪さが気になり、さらに消耗度も高くなってしまう場合もあります。

縫製が丁寧で仕立てにコストにかかってしまうからこその価格の高さに二の足を踏む場合もあるでしょう。しかし、これから先もスーツを頻繁に着用していくことが分かっているのなら日本製のオーダースーツの着心地や耐久性のよさを手に入れる意味は大きいです。スーツスタイルの時間で余計なストレスを溜めないようにするためには、快適に着用できる1着を求めるのが望ましいといえます。

まとめ

日本製のオーダースーツのセールスポイントは着心地や耐久性のよさです。海外製よりも価格は高くなるものの、長い目で考えると経済的といえる選択となります。スーツスタイルの時間を快適にするには着心地や耐久性は無視できない要素です。
丈夫で長く着用できるからこそ、何度も買い替える必要はなくなります。毎日スーツを着るビジネスマンは特に注目すべき要素であり、注文表にある価格は高く見えるにしても、価値の高い買い物となるでしょう。